『ヒト』を最適化しよう。

ホイットマン『君が教訓を学んだ相手は、君を賞賛し、親切をほどこし、味方になってくれた人々だけだったのか?君を排斥し、論争した人々からも大切な教訓を学ばなかったのか?』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

それを理解していれば、たとえこの世でどんなことがあっても、それら一切の事実現象を自分のものとする。糧にするのだ。褒めてもらえばそのまま嬉しいし、批判されれば、それをバネにして努力できる。無敵になるのだ。文字通り、『敵がいない』のである。例えば私が、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

彼らと向き合うことが出来たのは、私がかつて、宗教を強要して来た親を呪うほど憎んだ時期があったからだ。その抑圧がなければ、私は29歳という年齢で、彼らに到達することは無かった。もっと先延ばしにしたり、あるいはそのまま永遠に忌み嫌うか、見て見ぬフリをしてそのままにしていただろう。

 

そして私は彼らの言葉に耳を傾け、その教えのエッセンスを見た。すると、驚くことに、『死ぬほど嫌っていた』はずの私が、(これは傾聴に値するぞ)と判断することが出来たのである。

 

孔子から教わったのは『義利合一』、ソクラテスは『無知の知』、ブッダは『執着をしないこと』、キリストは『欲望を間違った方向に向けないこと』。そのエッセンスのどれもこれもが、群を抜いて卓越していて、そして見事に的を射ていた。

 

ドイツの哲学者、ヤスパースは言った。

 

確かに私の親は排他的であり、ヤスパースの言うように私は、排斥されていた。しかし、その代償に得たものがあるのだ。

 

今ではそれに感謝している。

 

いや、そんなありきたりな言葉で終わらせるつもりはない。『今ではそれに感謝している』と言う為には、どんな風にこの現実を受け入れ、どんな努力をすればいいかを、ひたすらに考え抜いたのだ。しかしどちらにせよ、私はこれらの事実から多くのことを学んだ。

 

ロシアの文学者、フリーチェは言う。

 

ノエル・デュ・ファイユはこう言う。

 

私の半生も、中々の波乱万丈なものだった。しかし、今ではそれに感謝している。そして、今後も波乱万丈でなければならない。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧