Contents|目次

ヘンリー・フォード『もはや手のほどこしようのない事態になったら、事態の成り行きにまかせるだけだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『人事を尽くして天命を待つ』。やれるだけやって、『もう後はやれない』というところまで突き詰めたのなら、後はどーんと待っているのが良い。最初から人は、無知で無力なのだ。全知全能ではない。ということは出来ることは限られている。それが『物事を人間の思い通りにしようと考える』時の、大前提だ。だが、下記の図で見てわかる様に、

 

 

左の人と、右の人とでは、『使ったパワー、出しきったエネルギー、残された余力』に明らかな違いがある。どちらが『もう後はやれない』という段階かは書くまでもない。

 

関連リンク:トム『やれるだけの事をやったら男はドンと胸を張ってりゃいいんだ…!!』

 

『もはや手のほどこしようのない事態になったら、事態の成り行きにまかせるだけだ。』

 

私もよくこのような状況になることがある。だがそれは全て、自分の蒔いた種を刈り取っているだけなのだ。もっと慎重に、安定、安心を重視して生きていればそういうことは少なくなる。だが、私が兼ねてから選択している人生の道は、波乱万丈である。

 

だからこそこういう事態が起きやすい。その時、私が思う感想は、自分勝手にも(イライラする)である。だが私の場合、目の前にそういう問題が山積みになっていると、その山を片づけなければ気が済まない性格である。それは、部屋の掃除をするときも全く同じことなのである。

 

私はその自分の性格を利用するべきだと考えている。よく仕事が終わった夜になると思うが、私は『この解放感を味わうため』に仕事をやっていると強く感じている。つまり、『ドーパミン』である。

 

ドーパミン

 

人間は、困難な問題を片づけたときに報酬系物質のドーパミンが出る。他に、好きな食べ物を食べたとき、人とおしゃべりをしているとき、SEX、たばこ、アルコール、麻薬などでもそれが放出されるが、迷路を抜けたときや、試練を突破したときなどにもこの報酬系物質は出るのだ。

 

そのドーパミンが出ているとき、人の脳と心は快感に満たされている。私は常々思うが、『人間はドーパミンの為に生きている』のではないだろうか。そういう気がしてならない。

 

私は少年時代、目の前の問題から目を逸らす人生を送っていた。しかし、その時は生きた心地がしなかった。だからこそ人一倍、このことについてよく理解しているつもりだ。

 

ドーパミンが出ているとき、私の心は(自分の人生は間違っていない。だってこんなにも充実しているんだからな)という気持ちであふれている。しかし、その逃げ回っていた当時は、私の心がそういう気持ちで満たされることはなかった。

 

そう考えると、私はある種の『麻薬依存症』なのかもしれない。だからこそ刺激と強いドーパミンを求めて、自分の人生を安定に持ち込まないように画策しているのかもしれない。

 

ドーパミン

 

『もはや手のほどこしようのない事態になったら、事態の成り行きにまかせるだけだ。』

 

しかし人生という大海原を航海し、いつ難破するかわからず、そして最後には必ず朽ち果てる運命にあるこの一生の中で、そもそも最初から『安定』などあるのだろうか。私は『ない』と判断した。

 

だからこのような言葉を考えたとき、頭に浮かんでくるのは『安定を求めず、ドーパミンを求めた快楽主義者の自分に対する罪悪感』ではなく、たった一度の人生を大航海している実感と、パイレーツオブカリビアンのサウンドトラックだ。

 

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ア行(偉人一覧) 伊藤整『自分は愛されている、と思っている女はいつも魅力があるものだ。』 ゴーリキー『嘘は奴隷と君主の宗教だ。真実は自由な人間の神様だ。』

 

関連する『黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』

同じ人物の名言一覧

ヘンリー・フォードの名言・格言一覧