『ヒト』を最適化しよう。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『人生とはいえないような人生は送りたくなかった。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ソローの書いた『森の生活(ウォールデン)』にはこうある。

わたしが森へ行ったのは、思慮深く暮らし、人生の本質的な事実だけに向き合い、人生が教えてくれるものを学べるかどうかを確かめてみたかったからであり、死ぬときになって、自分が人生を生きてはいなかったことを発見したくはなかったからである。人生とはいえないような人生は送りたくなかった。生きるという事はそれほど大切なのだ。また、よほどのことがない限り、あきらめたくもなかった。わたしは人生を深く生き、その精髄をことごとく吸収し、人生とはいえないものはすべて破壊するくらいたくましく、スパルタ人の様に生きて…。

 

クリスチャン

 

私は2年前、今もそうなのだが今よりもうんと知識がない頃、ソローが『エコロジー思想の先駆者』ということで森で生活をしていたと知り、あるいは、

 

という言葉を聞く限り、どれだけ自分とは距離の離れている人間だと考えたものだ。しかし、2年間大勢の偉人たちの言葉を通して内省してきて、ソローの言葉も多く考えてきて、今、彼の発想は私が目指すところと何ら変わりない、向上心があり、人生に悔いを残したくないと強く考える、一人の人間なのだということを知った。

 

『森で生活する』意味も、『スパルタ人の様にたくましく生きる』ことの意味も、『人生に悔いを残したくない』ことの意味も、手に取るようにわかる。彼は、私が見定めた生きるべき道と、同じ道を見極めた人間だった。しかし、私が今ソローの様に高潔かと言ったら、そうではない。だが、同じ目線を持っている。これが、自分の余生にどう影響するか。あるいは、どう影響させるべきか。どちらにせよやはり思うのは、偉大な人物(偉人)達と向き合って内省することは、
人生に悔いを残さない。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ヘンリー・デイヴィッド・ソローの名言・格言一覧