『ヒト』を最適化しよう。

ベンジャミン・フランクリン『食事を節するとたいてい頭がハッキリして理解が早くなるもので、そのために私の勉強は大いに進んだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

食事を制限すると、集中力が上がるのだ。五感が鋭くなる。だからベンジャミン・フランクリンの言う通り、集中力が高まり、効率が良くなる状態を体験することになる。私などは食事管理は日常茶飯事だ。

 

たんぱく質、糖質(炭水化物)、脂質の三大栄養素に加え、ビタミン、ミネラルを加えた五大栄養素を絶対軸にし、どのタイミングで、どの栄養を摂取すればいいか、サプリメントの最新情報や、その有効性、真偽について常にアンテナを張り、それだけではなく当然、睡眠、運動、疲労、という要素が合わさった時の、最善の対処、対応の仕方を常に模索して、最近ではようやく『自分の身体に相談する』ということの意味を、身体で理解出来るようになってきた。

 

 

だからベンジャミン・フランクリンの言うことはよくわかる。わかるが、摂らなさ過ぎても、身体に支障をきたすことになる。まず、目がいつもより疲れやすくなる。つまり、やはり長時間の身体的ストレスに耐えられなくなるのだ。この辺りをよく考えて、上手く最適化したい。食べ過ぎ、食べなさすぎ、どちらもダメ。何事も、ほどよく、ちょうどよくがいいのである。

 

関連リンク:『いい加減は簡単だが、良い加減は難しいもんだなあ。』

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』 『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

同じ人物の名言一覧