『ヒト』を最適化しよう。

ヘロドトス『人間死ぬまでは幸運の人とは呼んでも、幸福な人と呼ぶことは差し控えなければなりません。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ここでも『死ぬまでは』と言っていることから死んだ後なら、『幸福な人』と言っていいわけだ。だとしたら、『幸運』と『幸福』の違いがあるとするのなら、『過程』と『結果』の違いだ。死んだ人に『幸運だ』とは言わない。言ったとしても、『あの人は幸運だった』という風に、過去形の表現となる。つまり、道の途中が幸運であり、最終地点が幸福だ。

 

今、幸運の状況にある人間も、結論を出すのはまだ早い。何しろ、まだ道の途中なのだ。その後、不幸な出来事が起きる可能性がある。逆に言えば、不運な状況にある人間も、結論を出すのはまだ早い。何しろ、まだ道の途中なのだ。その後、幸福な出来事が起きる可能性がある

 

 

見るべきなのは以下の黄金律。

 

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

 

何しろ、まだ『道の途中』なのだ。それを忘れた途端、足元をすくわれ、崖下に転落する。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

同じ人物の名言一覧