『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

フィリップ・コトラー『いまだに販売(セールス)とマーケティングを混同している経営者がいるのには驚かされます。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『いまだに販売(セールス)とマーケティングを混同している経営者がいるのには驚かされます。マーケティングとは、製品やサービスに意味を与える仕事です。製造部門がつくった製品に、意味を与えて世の中に送り出すのがマーケティングの役割なのです。』

 

 

製品を作るのが製造。製品を売るのが販売。そして、その製造した製品を販売するにあたって、『なぜその製品を買う必要があるのか?』という意味を明確にし、そこに価値を捻出して、消費者の購買意欲を煽るのが、マーケティング。そしてその全てを管理して最適化するのが、経営ということになる。その管理というのは、まずはリソース(ヒト、モノ、カネ)の最適化だ。どの場所に、どれだけの入力をして、どういう出力を生み出すかは、経営者の手にかかっているわけだ。そしてその為には、経営者がそれぞれの役割の意味を明確に把握することが絶対条件。コトラーの言うように、セールスとマーケティングを一緒くたにするのは、NGだということだ。

 

作って、それを売るだけでいいのなら、そんな楽なことは無い。しかし、高度経済成長期から比べると、格段に多様性が広がったこの時代、もはや、作ったものが必ず売れるという考え方は、時代遅れも甚だしい。その製品やサービスを購入する為の動機付けを行うマーケティング戦略は、企業の売り上げに大きな影響を及ぼす。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』

同じ人物の名言一覧