『ヒト』を最適化しよう。

ヘルマン・ヘッセ『人生を明るいと思う時も、暗いと思う時も、私は決して人生をののしるまい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ドイツの小説家、ジャン・パウルは言う。

 

つまるところこの人生とは、一冊の書物。そしてそれは、この人生で一度しか読むことが出来ない、最初で最後の本なのだ。一枚めくったら、もう二度と前には戻れない。我々が生きているこの人生という書物が、例えばこういうものだったと知ったら、あなたはその書物に対し、どう向き合うだろうか。あるいは、その書物は白紙で、そこに毎日という日々を書きなぐる日誌の様なものだとすれば、あなたはその日誌に対し、何を書きなぐるだろうか。

 

何もクソもない。

 

書けるのは自分の人生のことだけだ。それを書くのが、この一生なのだ。

 

カメラ

 

あるときこの日誌は、急に書けなくなることがある。だがそれは、最初から知っていたはずのことなのだ。いつ書けなくなるかわからない。一度めくったら二度と前には戻れない。だとしたら、毎日毎日が、本番なのだ。

 

スウェーデンの諺にこういう言葉がある。

 

あるいはケビン・コスナーの言葉を借りれば、

 

のだ。悩み、憂い、嘆き、痛み、悲しみ、苦しみ、憤り、もちろん、喜び、笑い、感動し、達成し、満たされ、愛され、育むこと、その全てが、この物語の完成に欠かせない、ワンシーンなのだ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧