『後悔したくない方』はこちら

アントワーヌ・ガラン『やさしくなるまでは、すべてのことが難しい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

これが『易しい』なのか『優しい』なのか、この日本語では定かにはならない。引用元には『易しい』の方向で考えられているが、私はというと、その両方で考えられると判断する。まず、『易しい』だが、『弾み車効果と悪循環』という概念があって、それを熟慮すれば答えは見えて来る。今、快適に回っている弾み車も、最初は手押しで大変だった。それにかかった時間は、一日や二日ではない。それだけではない。

 

  1. 10年ルール
  2. 1万時間の法則
  3. クリティカルマス
  4. 量質変化

 

自分を律するとは、『世界レベルの業績に達するまでに少なくとも10年かかる』という法則。自分を律するとは、『人が何かに習熟してスペシャリストになるまでにかかる時間』を示唆した法則。自分を律するとは、『量が積み重なって、質的な変化を起こす臨界点』 を指す言葉。量質変化とは、『量が積み重なると、あるとき質的な変化を起こす現象』の意味。複雑なものを易しくするまでにかかる時間と精神力は、安易な人間には到底理解できないだろう。

 

天才芸術家、ミケランジェロは言う。

 

天才芸術家

 

容易ではないのだ。そして次に『優しい』だ。だが、前述した智恵に付け加えるほど、大した内容は書けない。しかし、それを乗り越えるためにくぐった修羅場のことを考えれば、人に優しく出来るのは、想像にた易いはずである。

 

ホイットマンは言う。

 

私は今、人にとても優しくできる。だが、10代の頃の私を思い出すと、まるで自分本位そのものの、冷たく礼儀知らずで、筋の通らない理不尽な存在だった。その経験自体もそうだし、その間に積み重ねて身についた知識によって、私は無数に広がる『選択肢』の中から、少しずつ正解である道がわかるようになってきた。だから『優しくできる』のだ。それが選ぶべき選択肢だからだ。一つだけ言えるのは、今の私があり得るのは、かつての理不尽だった私がいたからだということだ。

 

選択肢

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』