Contents|目次

ベートーヴェン『出来る限り善を行い、何者にもまして自由を愛し、王座のもとであろうとも、断じて真理を裏切るまい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

出来る限り善を行い、誰よりも自由を愛し、どんな力にも屈さず、断じて真理を裏切らない。そういう人間がいるとするならば、その人間はこの上なく『自由』な人間だ。自由という言葉の意味をどれだけ理解しているか、それがよく分かっている人間の発言なのである。

 

つまり、モンテスキューがこう言い、

 

福沢諭吉がこう言ったように、

 

自由というのは、無責任かつ無鉄砲な生き方をしてみせることではない。試しに、上の二人の言葉に逆らってみるといい。身柄を拘束され、自由を奪われたとき、その意味をようやく理解することだろう。

 

『ソクラテス・イエス・ブッダ 三賢人の言葉、そして生涯』にはこうある。

人間は生まれながらにして自由ではなく、自由になっていくのだということを主張している点で、ソクラテスブッダイエスは一致している。人間は無知から脱却することによって、真実と虚偽、善と悪、正義と不正を区別することを学ぶことによって自由になる。自らを知り、自制心を持ち、分別を持って振る舞うことを学ぶことによって自由になる。

 

つまり、 ヘンリー・デイヴィッド・ソローがこう言い、

 

エマーソンは、著書『自己信頼』で言ったが、

客人にこんなことをいうのは、粗野で無礼なふるまいかもしれない。しかし真実は、偽りの愛情よりも人の心をとらえる。善良さにも、ある程度の気骨は必要だ。そうでなければ、善良さは何も生まない。もし愛の教えが弱音や泣き言しか生み出さ荷なら、バランスをとるために憎しみの教えも説かなければならなくなる。自分の天分を果たす為なら、私は父、母、妻、兄弟からも距離をおくだろう。

 

真に自由な人間とは、『知性』がある人間なのだ。知性がある人間が、愛、金、名声といった『人為的な概念』に囚われることは無い。もっとも『愛』だけは『真実の愛』があるが、恐らく、往々にして世の多くの人が言っているのは、ドストエフスキーの言うように、

 

ということで、自分本位かつ人間本位のものであり、森羅万象規模のものではないだろう。だとしたらその『愛』も怪しいということなのである。

 

 

私は冗談でも何でもなく、この記事を『未完成』にしている。『力に屈したら男に生まれた意味がない』。この言葉の意味はとてつもなく深く、冒頭に挙げたモンテスキューや福沢諭吉、それから、ソクラテス、ブッダ、キリスト、イスラム教の『聖戦』、また、このベートーヴェンの言葉に至るまで、全てに通用するのが、この言葉であると考えている。

 

ダンテは言った。

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

エドマンド・バーク『読書して考えないのは、食事をして消化しないのと同じである。』 尾崎紅葉『世間に名を成し人々に敬るには、身持と心持とが大事。』 徳富蘆花『地位ができたら気焔は無くなる。』

 

関連する『黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。「内」にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

ベートーヴェンの名言・格言一覧