『ヒト』を最適化しよう。

ベッカム『教室にはあまりいたくなかった。いい教育を受けるのは大事なことだとわかっていても、頭の中にはフットボールしかなかった。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『教室にはあまりいたくなかった。いい教育を受けるのは大事なことだとわかっていても、頭の中にはフットボールしかなかった。フットボールがすべてだった。学校そのものに興味がなかったから、授業のこともほとんど覚えていない。美術のクラスだけが楽しかった程度だ。』

 

 

そもそも『勉強』とは、現代中国語では『無理強いをする』という意味である。

 

孔子も、

孔子

 

と言っていて、勉強を、誰かの目を気にして、とかいう動機でやることについて、警鐘を鳴らしている。『自分の為』にやるのだ。自分が、この人生を生き貫くために、学ぶのだ。その『自分』とは、学校に通う時期に必ずしも『心が整っている』わけではない。

 

例えば、家庭内で虐待されていたり、離婚したり、死んだり、そういうことがあったとき、人はとても勉強する気持ちになれない。それが子供の頃だとしたら、尚の事である。勉強は、自分の為にやるのだ。周りに合わせるとか、周りから評価を得るとか、そういうことの為にやるものではない。

 

自分が欲し、得ようとているものを常に全力で求め、そこから自分のアイデンティティ(身分証明)を作って、心が確立してきたら、自ずとさまざまな問題も視野に入ってくるわけで、そこを解決する必要があるなら、その時に初めて解決すればいい。解決する必要がないなら、その分野に無理して手を出す必要はない。

 

マイケル・ジョーダンは言った。

 

 

いいんだ。たった一度しかないこの人生で、夢中になれるものがあるということは、大事にするべき奇跡なのである。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧