Contents|目次

ピタゴラス『この人生劇場において、観客たるべき神と天使のためにのみ勢力を蓄えておくべきなり。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人生を、劇場に例え、それを見ている神と天使がいるとする。だとしたら当然、主演は自分だ。人間一人一人が主演を務める演劇を、神と天使が観客として見るのだ。

 

 

ちなみにピタゴラスは、紀元前580年頃の人物だ。

 

孔子よりも50歳上。

孔子

ブッダよりも100歳上の人間。

ブッダ

 

そう考えると、この言葉の解釈に少しばかりの柔軟性が問われることになることは、想像にた易いはずである。『勢力を蓄える』というのはどういう意味だろうか。『勢力』というのは、普通、軍隊とか、そういう支配下を増やそうとする、野心溢れた人間や、企業に対して使うことが多い。

 

例えば、今の日本を、『今の日本の勢力は侮れない』という風には表現しない。フランスも、ドイツもそうだ。しかし、企業ならある。それはやはり、『支配下(シェア)』を広げようとする、野心があるかないかということが、その言葉のカギになる印象を受ける。それなのに、『観客』という位置づけで、しかも『神と天使』という、その時代の人間にとって圧倒的に厳かな存在である者に対し、『勢力を蓄えておく』ということは、いささか腑に落ちない。

 

だが、もしこの『神と天使』が、『厳かな存在ではなかった』、あるいは、『厳かだが、厳かな存在に対する対応の仕方が当時独特のものがあった』のであれば、『観客』として位置付けているところに、意味が含まれるようになる。

 

普通、『観客』は、『演技』を見に来ている。『演技』とは、『演出されているもの』であり、『実際の姿』ではない。だとしたら、そこにあるのは『誠実さ』というよりも、『巧みさ』。『巧みさ』の背景にあるのは、『意図的な感情』。『意図的』であるということは、そこには『エゴ』が介入していることになり、ただ、実直にありのままの姿で、無私無欲で恬淡としているのではなく、『意図的』で、『野心的』で、まるで『騙そうとする、やりくろうとする、支配しようとする』という様な、そういう人間心理が、そこに浮き彫りになるわけである。

 

だとすると、そこに必要なのは『圧倒的な勢力』だ。『誠実さ』ではない。その圧倒的な勢力によって、堂々と最高の脚本と演出で演じ切り、観客である神と天使を魅了する。すると、天国に行けるというわけだ。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

フジ子・ヘミング『チャンスというものは、掴み取るだけで成功とは限りません。私はチャンスを失ってどん底を知り、回り道をしたおかげで、人間的に成長できたように思います。』 フィデル・カストロ『歴史は私を無罪とするだろう。』 木村拓哉『恋人に「好き」とか「愛してる」って言葉は言わないね。そういう気持ちがあったうえで、何か違うこと言ってると思う。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ピタゴラスの名言・格言一覧