Contents|目次

ノーマン・メイラー『本当に大事なことで、格好つけたままやれることは一つもない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

逆に格好いいことから想像してみると、泥だらけになりながら、世のため人の為に身を捧げている人間がイメージできる。

 

  • 高い金を払って買った洋服が汚れる
  • 悪友や異性からダサいと言われる
  • つるんでいる友人から興味を持ってもらえない
  • 好意がある人にそっぽを向かれる
  • 大金を稼いで遊んでいる人間と比べて虚しい

 

『だからやらない』。

 

人間

 

精神が若ければ若いほど、見栄と虚勢に支配され、そういう軽薄な判断をしてしまうことだろう。私とて同じだった。

 

だが、モンテーニュはこう言っている。

 

外聞や体裁どころか、自分の命まで失うかもしれない場面は、ある。その時に、見栄のことばかり考えている人間は、どういう選択肢を取るだろうか。

 

『本当に大事なことで、格好つけたままやれることは一つもない。』

 

ノーマン・メイラーはこう言うが、実際には、本当に大事なことを真剣にできる人ほど格好いい人間はいない。つまり、『格好をつける』という概念に支配されている人間を、彼は少し軽蔑視しているのである。

 

どのくらい軽蔑視しているかはわからないが、少なくともある程度はある。私もあるからだ。もちろん、それが度合いを過ぎてしまうほど、軽蔑視してしまうこちらに問題が出てしまうので、極めて微小なまでに抑えているのが現実だが、しかし厳密にはあるのだ。前述したような例の『周囲に流されている』人間を見たとき、人は本当にそのような人間を心から尊敬しているだろうか。それとも、少なからずの軽蔑視を向けているだろうか。そういうことなのである。

 

だが、それでいい。まるで、善人が悪人に対して軽蔑視をしないと、この世から悪が消えないのと同じだ。いやもちろん、『行い憎んで人を憎まず』だ。悪人を軽蔑視するというよりは、『悪行』を軽蔑視するのが正解である。しかし、善人が悪人を軽蔑視するとき、100%の要素で『悪行だけ』を軽蔑視することはできない。いかに成人といえようとも、悪人の方に1%は軽蔑視を向けてしまうものである。それが人間なのだから、それは全然いい。

 

ノーマン・メイラーは、どれだけ人目にとらわれた人物を軽蔑視していたかはわからない。それはどうでもいい。だがとにかく『そういう人』と『そうでない人』との間には完全なる境界線が引かれていて、彼は『そういう人になるな』と強く諭しているのである。

 

『本当に大事なことで、格好つけたままやれることは一つもない。』

 

買ったばかりの高い洋服が台無しになるからといって、目の前で泥沼で転んだ子供や老人を助けない人間の、どこが格好いい人間なのだろうか。しかし現実には、ここまで具体的で『退路の少ない』選択肢以外の場面で、多くの人は見て見ぬふりを続け、人生を生きながらえている。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『愛があれば全ては解決する。』

 

太宰治は言った。

 

今日も人間は自分の命やその体裁をひた守る。今でもこの世界のどこかで、理不尽に落とされる命があるというのに。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

サッカレー『上機嫌は、社会において着ることのできる最上の衣装の一つであると言えよう。』 ジョン・ロック『何故に人間が社交するかといえば、自己の財産を保持したいからである。』 キュリー夫人『偉大な発見は、いきなり完全な姿で科学者の頭脳から現れるわけではない。膨大な研究の積み重ねから生まれる果実なのだ。』

 

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』