『後悔したくない方』はこちら

ノーマン・ダグラス『友人を見つけようと思えば、片目を閉じなければならない。友達のままでいようとするなら、両目だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

孔子の言葉の超訳として、

 

と書いた。『友人』がどういう存在であるかを理解する為には、うってつけの記事である。そもそも、求めてはならないのだ。人間が恒久的に、未熟なのだから。

 

友人

 

現に私は友人に『求めすぎた』ことによって、友人を失った。失ったというと誤解されそうだが、別にされても関係ない。真実は一つだ。相手(複数)は『混乱』したというのが本音だ。しかし、私のブログを見て、あるいは経済的成功をして、『後で』、

 

やっぱり只者ではなかった。

 

と言うだろうし、静観しているもう一つの理由は、『ダメだった時に』、

 

結局頭がおかしい奴だったよな。

 

と言うだろう。私の『友人』とは、その程度のものである。それについて言及しただけだ。私は。

 

小林多喜二は言う。

 

私には友人が、『いる』。恩師も、いる。しかし、私の『友人』は、『真友』である。

 

友人

 

『友人を見つけようと思えば、片目を閉じなければならない。友達のままでいようとするなら、両目だ。』

 

私はこのようにして、両目を開けている。だから友人の嫌なところばかりが見えて、彼らがとても『友人』だと思うことはできない。では、私は本当にノーマン・ダグラスの言うように目をつぶって生きなければならないのだろうか。

 

ニュートンは言った。

 

なるほど、決してそういうわけでもないらしい。

 

友

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『本当の友人とは。』