Contents|目次

安藤忠雄『闘争心。結局はこれで勝負が決まると思います。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

闘争心が無ければ、力強いエネルギー源を捻出できない。私は一年に一、二度数日間寝込むほど風邪を引くが、その時は普段と同じ行動がとれない。普段は、部下に助言・説教をするときは3、4時間連続になるのは当たり前で、内省的な脳トレも、肉体的な筋トレも、欠かさず行って、食事も高タンパク低脂肪を大原則に、肉を毎日大量に食べる。当然、若さも手伝って、まさにエネルギーの塊のような生活を送るわけだが、しかし、その時は何もやる気が起きない。前回の風邪なら、おかゆすら大して食べる気力が無かった。

 

普段身体を酷使しているだけあって、たまのそういう休みは骨休みになっていいのだが、しかし、食事を食べる気力がないということは、当然仕事も出来ないし、運動も出来ないし、部下を叱りつけることも、様々な管理をすることも、一切出来ないということ。私は前回再確認した。エネルギー源の捻出をいかにして最適化するかで、人の人生の命運は決まる、と。私が普段、活発的で向上心に満ち溢れているのは、『エネルギーがあるから』だと。

 

 

ここで、一気にこの話の階層を何階層も深くしよう。見るべきなのは、宮崎駿のこの言葉で書いた、

 

『有機水銀分解菌』というキーワードである。これと『闘争心』、『エネルギー源の確保、捻出』を照らし合わせて考えた時、我々は計り知れない衝撃を受けることになるだろう。

 

部下が当社に入社したとき、幼少期に事故で亡くした兄の影響も手伝ってか、骨の髄にまで被害者意識が刷り込まれ、そしてモードとして、『ただ生きていればいい』という機能しか働かなくなってしまっていた。もちろん、親の気持ちはわかる。

 

(あの子の分まで、この子には…)

 

という方向で感情が動いたことは、想像にた易い。しかし、『ある』からといって与えてはいけないこともあるのだ。我々の人生は、確かに一度きりだ。大切に生きるのは間違いではない。ただ、この命は、子々孫々へと続く遺産だという事も、併せて考え抜くことは、使命である。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

オットー・フォン・ビスマルクの名言・格言一覧 谷崎潤一郎『文章に実用的と芸術的との区別なし。』 ジョージ・ハーバート『人生とは何かとわかるころには、人生の半分は終わっている。』

 

関連する『黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

『偶然に期待する人間は、支配される。』

『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。』

同じ人物の名言一覧

安藤忠雄の名言・格言一覧