『後悔したくない方』はこちら

チェーホフ『男と交際しない女は次第に色褪せる。女と交際しない男は次第に阿呆になる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

つまるところ、男も女も結局は凸凹の絵の通り、不完全。これらが一つになった時、初めて完成する形こそ、人間がたどり着くゴールなのである。それは、生命がそこで生まれることを考えてもうなづける話だ。男女どちらか一人が欠けていても、新しい生命は宿らない。だとしたら、チェーホフの言う通り、そのゴールから距離が離れれば離れるほど、色褪せ、錆びつき、麻痺し、衰退するイメージは、すんなりと理解できるようになる。

 

 

『ソクラテス・イエス・ブッダ 三賢人の言葉、そして生涯』にはこうある。

喜劇作家であるアリストパネスは演説でこう言った。『かつて人間は二つの肉体が背中合わせとなった存在であった。』

一体となっている二つの肉体のどちらも男である場合、どちらも女である場合、そして男と女である場合(両性具有=アンドロギュロス)があった。残念なことに、ゼウスの決定により、彼らの肉体は二つに分断された。それ以来、私たちは分離されてしまった片割れを求めている。元の肉体の組み合わせにより、求める片割れは男もしくは女である。アリストパネスによると、この探究こそが私たちが愛と呼ぶものである。愛とは、失われた原初の結合を回復しようとする欲求である。愛によって自分と一体であるべき片割れを見つけ出し、私たちの本来の姿を完全に回復できた時、私たちは最高の幸せを手に入れることが出来る。

 

ここに挙げられていることは全て、正確な理論ではない。しかし、なぜか別にそんな話を聞いたときに、そこまで抵抗はないのは、不思議なものである。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

チェーホフの名言・格言一覧