『チェーホフの言葉』を自分のものにしよう!

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフとは(画像

ロシア作家。生誕1860年。革命前夜のロシアで数多くの短編小説と戯曲を生み出してきたチェーホフは、1860年、南ロシアのタガンローグで生まれました。モスクワ大学で医学を学んだものの、医師として患者を診察することはほとんどなく、その代わり、作品の中で患者を診察するような鋭い観察眼で、日常生活の機微を深く描きました。今では、ドストエフスキートルストイと並ぶ、ロシアを代表する作家の一人として世界中で愛されています。

 

「孤独な生活をしている人たちは、心の中に何か鬱積したものがあって、機会があればそれを喜んで人に話したがるものである。」(「六号室」)のセリフからも窺えるように、帝政下の息苦しい社会に生きる人々の生活を通して、憂愁や絶望に囚われながらも自由を希求する作中人物から、人間のあるべき姿とは何であるのかというチェーホフの思いが刻み込まれています。

メニュー

内省記事一覧