『後悔したくない方』はこちら

チェーホフ『老人の厭世主義は外部からひょっこりやってくるのではなく、自分自身の頭脳の奥深いところからくるのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『老人の厭世主義は外部からひょっこりやってくるのではなく、自分自身の頭脳の奥深いところからくるのだ。散々苦しみ、数え切れないほどの過ちをしでかした後、下から上までの全階段を上り終わった時に、初めてやってくるのだ。』

 

『厭世(えんせい)』とは、世の中が嫌な場所であり、価値が無い場所であると認識すること。では、なぜ、小人ではなく、青年でもなく、老人で厭世的な考え方が湧き出るのだろうか。それを考えた時、真っ先に見えて来るのは、彼らのかつての活躍時代である。

 

色々なことがあった。波乱万丈だった。勉強もしたし、就職活動もした。あるいは起業して昼夜働いたし、あの人と出会い、あの人と別れ、あんな映画を観て、あんな音楽を聴いて、

 

 

自分の人生は、振り返ると本当に大変だったけど、あの頃はそれで楽しかったなあ。

 

でも、今はもう知り合いは皆死んでしまった。

 

夫も、妻も、兄弟もみんな死んだ。

 

なじみの音楽も、もうどこからも聴こえてこない。

 

昔のことを知っている人はもういないんだ。

 

昔の話で盛り上がれることは、もうないんだ。

 

もう、終わりなんだ。

 

いや、最初からこの人生は、何もなかったんだ。

 

そこに自分の知っている人がいて、自分の船があり、その船でこの海を航海していただけなんだ。

 

そしてその船は、もう座礁したんだ。

 

 

わかっていた。そんなこと知っていた。でも、それを誤魔化すだけのエネルギーと、船があった。

 

だからここまで冒険してきた。でも、その冒険は、『無駄な抵抗』だった。

 

なぜならこうしてどうせ、死ぬのだから。

 

貯めたお金も、覚えた知識も、磨いた運動能力も、全てが無になる。ゼロになる。

 

そうだったのだ。最初から、そうだったのだ。

 

…老人たちは、例えばこういう風に、人生を振り返るのではないだろうか。

 

私の80歳を超えた最後の祖母も、つい最近軽い認知症になった。私は自分にとっての最後の祖父母の生き様を最後まで見て、自分の糧にし、そしてそれを子々孫々へと繋いでいくつもりだ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

チェーホフの名言・格言一覧