『後悔したくない方』はこちら

チェーホフ『千年後にも人間は「ああ、人生はなんというつまらないものだろう!」と嘆き続けるにちがいない。そしてまた同時に、今と全く同じように死を恐れ、死ぬことを嫌がるに違いない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ゲーテは言う。

 

ソクラテスは言う。

 

これでわかるのは、人間は恒久的に、未熟であり、無知であり、そして平等に儚く、そして虚しい存在だということだ。未来になってもそれは変わらない。だが、チェーホフの言う様に悲観視したり投げ出すのではなく、例えばゲーテの言う様に、知性を追う生き方もあるのだ。あるいは『四聖』に数えられる、孔子、ソクラテス、ブッダキリストは、その『知性』の頂点である、『真理』に目を向け、それについて説いた。

 

この世には多様性がある。自分から見て害悪だとしか思えないものも、例えば排泄物や二酸化炭素も、肥料となったり、植物にとっての栄養となる。植物が二酸化炭素を出し、酸素を作る。オゾン層を作って、太陽からの紫外線をブロックしなければ、この地球で人間は生きていくことができない。昆虫や動物の死骸も、土に還り、それが肥料となって植物となり、その植物が酸素を出して、あるいは木の実を実らせる。その木の実を食べる動物が天敵に食べられて死に、しかしその食べた天敵もいずれは死骸となり、土に還る。それが循環されるのだ。

 

『刑務所の鉄格子の間から、二人の男が外を見た。一人は泥を眺め、一人は星を眺めた。』

 

星を眺める選択肢に気づくことが、この儚い人生に与えられた、人間の尊い矜持である。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

チェーホフの名言・格言一覧