『後悔したくない方』はこちら

ダライ・ラマ14世『人間性の回復は、たとえそれがいかなる信仰であろうと、ありとあらゆる人間に内在する宗教的衝動のうちにある。この衝動を暴力によって抑圧することは平和の敵だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

私のように、宗教とか信仰とは無縁の人間がいるとしても、次の言葉を考えたい。

 

三島由紀夫は言った。

 

これによって、例え無神論者であっても、『信仰を持たない』という信仰を持っていることに気づいたはずだ。そしてそれも、ここで言う『いかなる信仰』というものの範囲内にあるのである。

 

(俺は絶対に宗教を持たない)

 

と思ったのであれば、それこそが『ありとあらゆる内在する宗教的衝動』なのである。その衝動は、まるで『魂の叫び』であり、『命の鼓動』である。それがあるからこそ、生きていられるのだ。それが軸だからこそ、心が固定されているのだ。その、心を突き動かす内的衝動を、暴力によって抑圧しようというのなら、そこに生まれるのは軋轢だと覚悟するべきである。私の両親が、私にクリスチャンであることを強要し、一生の不和を生じさせてしまったように。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』 『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧

ダライ・ラマ14世の名言・格言一覧