『ヒト』を最適化しよう。

スティーブ・ジョブズ『私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

スティーブ・ジョブズの映画を観れば、彼がどのように青年時代を過ごし、なぜ『禅』を学び、なぜ『アップル』と命名し、誰と最初起業し、どこに会社を構え、最初に売った製品は何で、それを売った時にした交渉はどういうもので、それからどこと契約し…などということが一目瞭然となっている。それらがわかれば、彼のこの言葉がどんな気持ちで言ったのかどうか、手に取るようにわかるだろう。ジョブズは、『マルチな知識で組織をまとめる経営者』、というより、『カリスマ的に我が道を切り開く開発者』だった。

 

 

そのせいあってか、ジョブズは一度アップルを追い出されている。会社が大きくなりすぎて、ジョブズの手に負えないだろうと、判断されたのだ。自分が作った会社で、自分が取り入れた役員たちに、会社を追い出された。

 

極めて屈辱的だっただろう。だが、それから数年後、ジョブズは彼らに再び頼りにされた。呼び戻されたのだ。ここまでのストーリーを踏まえたうえで、もう一度彼のこの言葉を聞いてみる。すると、やはり、企業というのは一つの手段でしかなく、信念というものは、人間の命を最も躍動させる為に必要な、『原動力』なのだと、悟るだろう。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

スティーブ・ジョブズの名言・格言一覧