『ヒト』を最適化しよう。

スティーブ・ジョブズ『従業員4,300人以上を抱える20億ドルの企業が、ブルージーンズをはいた6人と競争できないとは信じがたい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

しかしその6人の人間に敵わないかもしれない、と思うのであれば、考えられるのは、その4300人の『主体性の欠如』による『大企業病』的な『潜在能力の埋没』である。それぞれが『個の力』を発揮すれば、チームの力は最大限になる。

 

平尾誠二はこう言い、

 

マイケル・ジョーダンは言った。

 

そこにも書いたが、数字で考えてみるとわかりやすく、全体の総和を、なるべく引き上げるのが『チームを活かすこと』に繋がるのだ。

 

100+100+100+100+100=500

 

この『500』が、5人が集まった時に出せる最高の数値である。それを出したい。だが、『チームの為に自己犠牲をする』などと言って、誰か一人でも自分の全力を出さなければ、こうなる。

 

50+100+100+100+100=450

 

またあるいは、マイケル・ジョーダンの記事に書いた様に、孤高の天才が一人、『俺が100を出せばいいんだ』と傲慢な態度を取ると、後の4人の可能性が委縮することがある。さしずめ、

 

100(孤高)+30+30+30+30=220

 

この図式だ。たとえ『孤高君』が、『200』の数字を出したところで、全体の総和は『320』である。この図式だ。全体の総和を、なるべく引き上げるのが『チームを活かすこと』に繋がるのだ。

 

更に考えるべきなのは、チームの人数が多ければ多いほど、人の能力は減衰の方向に向かう事実だ。例えば、会場に100人の客がいる場合と、50人しかいない場合とでは、一人一人が叩く拍手の音に明らかな違いがあるという。つまり人間というものは、人数が多くなればなるほど主体性を失い、他力本願的な、無責任な人間に成り下がってしまうのである。

 

 

このような事実を真正面から直視するべきである。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』 『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

同じ人物の名言一覧

スティーブ・ジョブズの名言・格言一覧