Contents|目次

ショーペン・ハウエル『卑しい人たちは、偉人の欠点や愚行に非常な喜びを感じる。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

だとしたら私もその卑しい人の一人だ。偉人たちが、欠点を持っていたり、愚行があった事実を知って、少なからず喜んでしまっている自分がいる。それはつまり、彼ら偉人と呼ばれる人々と、自分との間に引かれていたはずの境界線が、薄くなったことに対する希望と喜びなのである。『四人の教師』にはこうある。

イエスはもちろんのこと、釈迦、孔子、ソクラテスの三人も自らの青春の苦悩については何も語っていません。この人たちの人格の完成度の高さからいって、その苦悩は深いものがあったと想像されます。かし、心の傷は他人に見せるものではありません。誰でも傷ついた青春のかけらの一つや二つは持っているものですが、それを大切にしまっておくところは、この四人も人の子であるということでしょうか。

 

例えばこのような事実を知った時、私はとても気が楽になり、希望が湧いてくる。(彼らも人の子だったのだ)として安堵し、自分もまたここから努力すれば、人生をやり直せる、という風に、奮起させられる。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

小野小町『花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに』 森信三『結局最後は、『世のため人のため』という所がなくては、真の意味で志とは言いがたい。』 ヒルティ『人は怠惰、逸楽、浪費、無節度、吝嗇(りんしょく)などの習慣を養えるように勤勉、節制、倹約、寛容の習慣も養える。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ショーペン・ハウエルの名言・格言一覧