『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

フィリップ・コトラー『企業には、有能な社員の才能を引き出す責任がある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『有能な社員の才能を引き出す』のか、『全社員の才能を引き出し、有能に仕立て上げる』のか。コトラーの言葉は、前者であるような印象を受けるわけだ。だとしたら、そこに垣間見えるのは、『ままごとじゃないんだ。』という、ビジネスの世界における、シビアな心構えである。

 

 

『リストラ』とはそもそも、『リストラクチャリング』、つまり『再構築』という意味である。だとしたら、企業がリストラをするのは当然だ。余計な体脂肪をそぎ落とし、筋肉質な経営体質にする。それが、企業が生き残るための最善策である。遊びではないのだ。ままごとではないのだ。

 

しかし、松下幸之助がこう言うのだ。

 

企業とは、どういう場所であるべきだろうか。カストロもこう言っている。

 

ちなみに私は7年前、吃音症の部下を雇って、今も尚、その人間の教育を続けている。その教育の強度は、少しずつ妥協しているか。否。当然の如く、入社から時間が経てば経つほど、その強度は強まる一方である。彼は正直、出来る社員ではない。だが、だからという理由で彼を切ってまで、掴む未来に魅力はない。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

同じ人物の名言一覧