『小早川隆景の言葉』を自分のものにしよう!

小早川隆景とは(画像

日本軍師。生誕1533年。小早川隆景は戦国時代から安土桃山時代の間に活躍した武将です。1533年に毛利元就の家に三男として生まれ、その後11歳にして竹原小早川氏の当主となりました。1547年に大内義隆に従軍したのがきっかけで初陣を飾り、竜王山砦を軍単独で落とすなどの功績を挙げています。

 

小早川氏が毛利一門に組み込まれてからは直轄の水軍として活躍するようになり、1555年に起きた厳島の戦いでは勝利へと導きました。その後も毛利一門の元で豊臣秀吉に協力するなど、戦場で数々の功績を残すことになりますが、1597年7月26日に卒中が原因で急逝してしまいます。小早川隆景は「何事も欲からず生きること。欲を捨てて義を守れば兄弟親族に不和などない」など、様々な名言を遺しています。

メニュー

内省記事一覧