『ヒト』を最適化しよう。

黒田官兵衛『気の合う家来に対し、ともすれば悪いことを見のがすこともあるだろうから、よく注意して、そうした点を発見し、自分に対して諫言もさせるとともに、また、その者がいい気になって行儀の悪かったときには、傍らに呼びつけて意見をすべきだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『慣れ合い』はいい結果を生まない。慣れ合い、傷のなめ合いは、相手の『傷』を『悪化』させることもある。例えば現代のこの社会で、人の首を切り落としたとしよう。そして、友人(?)がこう言うのだ。

 

まあ、そういうこともあるさ。気にすんなよ!な!

 

これで済むと思うだろうか。済むわけがないだろう。聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。つまり『傷のなめ合い』というものは、確かに相手が『救われる』が、救われるのは、『魔性』の方である。黒い羽が付いた人格の方なのだ。友人、仲間、戦友、盟友の名に相応しいのは、白い羽が付いた人格を全力で応援する人間だ。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧

黒田官兵衛の名言・格言一覧