『ヒト』を最適化しよう。

キング牧師『あなたが正しいとき、過激になりすぎてはいけない。あなたが間違っているとき、保守的になりすぎてはいけない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

自分の意見が100%正しいと思っても、相手には相手の信念があり、その意見の正当性を見いだせない場合がある。例えば、両親に温かく育てられた子供は、将来の自分の家庭に対して、明るく温かい想像を抱くことは想像にた易いが、しかし、両親に虐待されたり、離婚されたり、捨てられたり、あるいは罪を犯されたりして、散々な目に遭ったという子供は、前者と同じような印象を、将来の家庭に抱くことが出来るだろうか。

 

 

もちろん、反面教師にして、その反動で、同じように温かい家庭に憧れる場合はある。しかし、ちょうど人への不信が真っ盛りのまさにその時、前者から後者に、『温かい家庭の良さ』について押し付けられても、後者は、『お前に何がわかる!』と激昂し、心を固く閉ざす可能性がある。また、自分が間違っている時に保守的になりすぎてはいけない理由としては、『そうしなければ生きていけない』からだ。ポイントは『生きる』ということ。

 

ルソーは言った。

 

つまり、行動しなければ生きているとは言えないのだ。自分の意見を主張しなければ、そこに自分は存在していないのと同じ。少なくとも、私がこの言葉の意味を確信したときは、確かにそう感じた。

 

それともう一つ『生きていけない』理由として、『弱肉強食』的なイメージを持ちたい。私の恩師は、『厳しくなければ生きていけない。でも、優しくなければ生きる資格はない。』と言ったが、まさに、厳しくなければ生きていけないのが、この世の中なのだ。実際には『強者生存』ではなく、『適者生存』なのだが、自分の意見を主張しなければ、騙されたり、嵌められたり、相手の悪気の有無に関係なく、罠にはまって抜け出せない事態に発展してしまうことが、人生にはたくさんある。

 

そういったことからの危機管理能力はとても重要である。まるで、『柵のないユラユラ揺れる頼りない吊り橋』を渡らないようにする、そういう判断と同じなのである。同じように、『黙ったままでいる』ということは、時にリスクを呼び込む要因となってしまうことがある。こういったことを、常に頭に入れておきたい。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

キング牧師の名言・格言一覧