『後悔したくない方』はこちら

カフカ『死ぬものは皆、生きている間に目的を持ち、だからこそあくせくして命をすり減らす。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

生きている間に目的を持つのは当たり前だ。死んだら『意志』がなくなって、目的どころの話ではなくなってしまう。消滅し、真っ暗になり、というか、五感もないから、痛みもないし、そこで終わりである。それを想像したとき、『ゾッとする』のであれば、それは命の尊さを知っている証拠だ。

 

ドイツの小説家、トーマス・マンは言った。

 

我々はとても儚い。しかし、だからこそ厳かであり、命の輝きを放つのだ。ゾッとしない人間は、命の重みを理解していない。そういう人間が取る行動は、とても無責任であり、軽薄である。例えば、野良猫を捕まえて火あぶりにして喜ぶ。こういう人間が、命の重みを理解していない人間である。その人間が、とある凶悪犯につかまって同じような目に遭っても、当然人々は(かわいそう)だと思うが、同じくらい(自業自得だな)と思ってしまうだろう。その人物から滲み出る『厳かさ』が、極端に微量だからだ。

 

 

さて、合理主義哲学の祖、デカルトは言った。

 

我々は、生きているからこそ『意志』があり、これら一切の事を『認識』する。『目的』でも『夢』でも同じことだ。それは全て『意志』の範囲内である。生きている間に目的を持つのは当たり前。いや、生きているからこそ、意志を持ってこのたった一度の人生を、生き貫く覚悟を燃やせるのだ。

 

坂本龍馬は言った。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

カフカの名言・格言一覧