Contents|目次

アインシュタイン『人間性について絶望してはいけません。なぜなら、わたしたちは人間なのですから。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人間性を考えるとき、凶悪な事件を思い浮かべることになる。あんなにも残忍な事件を、よくもまあ同じ人間としてやってくれたものだ。被害者や遺族を考えただけで胸が引きちぎれそうになり、加害者を考えただけで怒りがこみあげて来る。一体人間とは、何なんだ?何であんなことをするのだ?罪を犯した事が無いと思っている人間が考える発想は、往々にしてそういうものである。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ。』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した(差した)』人間には『罪(魔性)』が宿った。

 

太宰治は言った。

 

モンテーニュは言った。

 

さて、自分たちが『罪を犯していない』と思っている人は、なぜ今こんな記事を見ているのだろうか。そんな暇があったら、他にやることがあるだろう。もし自分に『罪が無い』と言うのであれば、遠い他国だが、子供が理不尽に殺され、女性が理不尽に強姦され、不治の病や疫病に苦しみ、食料を奪い合っての殺し合いが行われているというのに、テレビを観て、友達としゃべって、ゲラゲラと笑っているのはつじつまが合わない。

 

見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』
『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

これを理解したうえで、この話にたどり着かなければならない。そうしなければ、一人一人が独自解釈した考え方のモデルが出来上がってしまい、多様性こそ出来上がるものの、そのオリジナリティゆえに差異が生まれ、そしてそこから不和が生まれる。そして、『何が聖性で、何が魔性なのか』という答えが各人でバラバラになり、

 

ある人は、

 

豚肉を食べてはいけない。

 

と言い、ある人は、

 

女性の肌を露出してはならない。

 

と言い、ある人は、

 

この世で快楽を求めてはいけない。

 

といったように、対立の種が生まれてしまうことになる。我々は人間である。個性があっていい。多様性があっていい。人間性があっていい。だが、その『在り方』を間違えている以上は、世界平和が実現されることはないだろう。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ホイットマン『もしも詩人が、すぐれた模範を世間に披露し、その一歩一歩が自己の証となるのでなければ、彼は無用の長物だ。』 チャールズ・ブコウスキーの名言・格言一覧 トーマス・フラー『愚者が流行をつくり、賢者がそれを着る。』

 

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

アインシュタインの名言・格言一覧