『ヒト』を最適化しよう。

岡本太郎『本当の人間は、みんな透明な目をもった猛烈なシロウトなのである。自分の専門に対しても。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『透明な目』であって、『肥えた目』ではない。その後に続く『猛烈なシロウト』という言葉を考えても、この言葉は、まず初期設定として、『人間を装っている人間』がいて、しかもその人々は、『私は肥えた目を持っている』と主張しているが、その様に装う様な人間に、『本当の人間』はいない、ということになる。

 

 

『自分の専門があると言うが、本当にそれを知り尽くしているのかよ。』という考え方が浮き彫りになるわけだ。世界のクロサワこと黒澤明は、アカデミー賞としてスティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスの2人からオスカー像を渡され、授賞式のスピーチで、こう言った。

 

知れば知るほど、知らなくてはならないことがあることに気が付く。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

岡本太郎の名言・格言一覧