名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

武田信玄 名言/格言

武田信玄

 

武田信玄とは(画像

日本武将通称『甲斐の虎』。武田信玄は1521年大永元年11月3日、甲斐国の守護者・武田信虎の嫡男として生まれました。甲斐の虎の異名を持ち、越後国の上杉謙信と五度にわたって争った川中島の戦いは、後年さまざまな作品で虚実織り交ぜつつ描かれています。なお一般的な武田信玄のイメージは全59品からなる軍学書「甲陽軍鑑」によるものが大きく、江戸時代には読み物として親しまれました。

 

武田信玄が信濃国を平定したのは1553年。同年には信濃国を追われた村上義清らの要請で出征した上杉謙信との間で第1次川中島の戦いが勃発します。この時は両者痛み分けという形で終わっており、武田側にとっては村上氏の本領地を掌握したことで一定の戦果を上げています。

 

その2年後の1555年に行われた第2次川中島の戦いは犀川の戦いとも呼ばれ、200日以上にもわたる戦いが繰り広げられました。この戦いも決着は付かず、駿河国の今川義元の取りなしで和睦を成立させ、両軍撤兵という形で幕を閉じています。その後第3次合戦を経て、もっとも大規模な戦いとなった第4次合戦(八幡原の戦い)が1561年に行われます。一般的に川中島の戦いといえばこの4次合戦のことを指していますが、経過を記した史料に乏しく、具体的にどのような戦いが行われたのかは今もなお謎となっています。

 

上杉謙信との数々の激戦ののち武田信玄は病に倒れ、元亀4年4月12日、進軍を中止して甲斐に引き返す三河の街道上で53歳で死去。遺言によりその死は三年間秘匿されていたと言われます。

 

 

スポンサーリンク

 

武田信玄の言葉

 

『我が国を滅ぼし、我が家を破る大将、四人まします。馬鹿、利口、臆病、そして四番目は強すぎる大将なり。』

 

 

カテゴリー:知性/知恵

いくら仕事が出来たところで、人から支持されなければリーダーとは言えない。戦国時代も同じだった。『取締役になれる人、部課長で終わる人』には、武田信玄についてこう書いてある。

>>続きを見る

 

『もう一押しこそ慎重になれ。』

 

 

カテゴリー:知性/知恵

私はこのことがよくわかる。集中した作業をしていると、その終わりが見えた時、(ようやく終わる!)という解放感と報酬系に頭が支配されるのか、リズムが崩れるときがある。

>>続きを見る

 

『負けることのない戦いに負け、滅ぶことのない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、みなそのやり方が悪いためであると思う。』

 

 

カテゴリー:知性/知恵

『負けることのない戦いに負け、滅ぶことのない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、みなそのやり方が悪いためであると思う。常々やり方をよくしておれば、負けることはあるまい。』

>>続きを見る

 

『成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき。』

 

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば私は、ダイエットと肉体改造、及び体質改善を成功させた。やる前は、周囲から(どうせ無理だ)という冷ややかな待遇、あるいは無関心で無責任な対応を取られ、完全なるアウェイの状況だった。

>>続きを見る

 

『渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。』

 

 

カテゴリー:知性/知恵

レモンだけなら、酸っぱくてとても食べれない。渋柿とて同じだ。だが、『レモネード』にするならどうだ。

>>続きを見る

 

『およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。』

 

 

カテゴリー:知性/知恵

『半分のコップ』を、『もう半分しかない』と思うか、『まだ半分ある』と思うか。こういう考え方の違いに、人は目を向けることがある。

>>続きを見る

 

『100人のうち99人に誉められる者は、決していい人物ではない。』

 

 

カテゴリー:勇気/覚悟

では、自分の身の周りにいる人々は、自分がたまたま生まれた、その近所にいる人たちは、この世界でどのような『80対20』に当てはまり、その中のどちら側に該当するだろうか。

>>続きを見る

 

『大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。』

 

 

カテゴリー:教育/愛情

上司をする、しかもそれが長官、大将、今でいえば社長ということになると、ついつい部下に対し、傲慢な態度を取ってしまうものである。

>>続きを見る

 

『一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。』

 

 

カテゴリー:教育/愛情

顧客に関するサービスについて学ぶときに、非常に為になる本、『1分間顧客サービス』にあるのは、『1%のルール』である。

>>続きを見る

 

『自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。』

 

 

カテゴリー:勇気/覚悟

左が体力がある状態、右がだいぶ疲労しきっている状態だ。この二人の男(カラオケ好き)が、『往復8時間ほどの登山』をするとしよう。

>>続きを見る

 

『我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。』

 

 

カテゴリー:知性/知恵

業(わざ)である。人と、その人がもつ技術を分けて考える。こういう発想は、どういう考え方から生まれるだろうか。

>>続きを見る

 

『三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。』

 

 

カテゴリー:知性/知恵

以前私の周りにもこういう人間が数人いたが、まあ、彼らの口から出る言葉は、まるで一貫性がない。

>>続きを見る

 

『組織はまず管理者が自分を管理せよ。』

 

テゴリー:知性/知恵

『その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主だ。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP