名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

道元 名言/格言

道元

 

道元とは(画像

日本禅僧通称『曹洞宗の開祖』。道元は曹洞宗の開祖であり、鎌倉時代初期の禅僧です。1200年1月19日に生まれ、1253年9月22日まで生きました。その生い立ちについては、さまざまな説があり、両親が誰なのかという点についても複数の説があります。

 

曹洞宗の教義として、修行に終わりはなく無限に続くものとされています。ただひたすらに座禅に打ちこむことこそが最高の修行であるとされていて、そのことから道元の残した名言にも、その教義の内容がうかがえます。「何事も一心不乱に行えば宇宙の真理を体で感じとれる。」、「まことに一事をこととせざれば一智に達することなし」という言葉は、中途半端を良しとせず一つのことへ専念することこそを美徳とするものです。

 

 

仏教の開祖

  • 釈迦(ブッダ)
  •  

    日本における仏教のその他の宗派とその開祖

  • 道昭(法相宗)
  • 最澄(天台宗)
  • 空海(真言宗)
  • 法然(浄土宗)
  • 栄西(臨済宗)
  • 親鸞(浄土真宗)
  • 日蓮(日蓮宗)
  • 隠元(黄檗宗)
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    道元の言葉

     

    『我が身、愚鈍なればとて卑下することなかれ。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    曹洞宗だろうがその他の禅宗だろうが、浄土真宗、チベット仏教、あらゆる仏教の宗派の元祖は全て、ブッダ(釈迦)である。フランスの小説家、プレヴォは言った。

    >>続きを見る

     

    『いたずらに過ごす月日の多けれど、道を求める時ぞ少なき。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    人生の時間が、まるで無限に続くかのように錯覚している人は、人生の時間を浪費しがちである。だがその反対に、この人生が有限だと知っている人は、

    >>続きを見る

     

    『自分を習うことは、自分を忘れることだ。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    しかしその時、『自分(エゴ)』という殻が頑迷であれば、なかなかそれが出来ない。

    >>続きを見る

     

    『自己に閉じ込められ、自己にこだわっている間は、世界を真に見ることができない。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    道元は、『自分を習うことは、自分を忘れることだ。』とも言った。ノルウェーの探検家、ナンセンはこう言い、

    >>続きを見る

     

    『いのちを惜しむことなかれ、いのちを惜しまざることなかれ。』

     

    カテゴリー:人生/生死

    人生を生きていると、自分の命を賭してでも前に出て、人の命を助けなければならない場面に遭遇することがある。

    >>続きを見る

     

    『学道に勤労して他事を忘るれば、病も起こるまじきかと覚ゆるなり。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    自分の身が忙しければ、病気を患う暇もない。『病は気から』と言うが、まるで『隙間に入り込む』のが病原菌だ。ちょっとした油断や、暇、喪失、挫折、人生を生きていると様々な壁にぶつかったりして、隙が出来る。その『隙間に入り込む』のが悪いウイルスなのである。

    >>続きを見る

     

     

    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ


    広告

     

    ↑ PAGE TOP