『親鸞の言葉』を自分のものにしよう!

親鸞とは(画像

日本僧侶通称『浄土真宗の宗祖』。鎌倉時代を生きた日本の僧である親鸞は、1173年5月14日に生まれました。浄土真宗の宗祖として知られていますが、法然を師と仰ぎ、法然の教えを説くことに力を注いだため、彼自身は回想する意志は無かったのではないかと考えられています。親鸞自身の自伝的著書は少なく、その生涯には不明確な事柄が多いため、今も研究が進められています。

 

親鸞の残した名言の一つに「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」は、善人を称する人間よりも悪人であることを自覚する人間こそが極楽往生に相応しいというものです。どのような行動を取っているのかではなく、どのような考え方を持っているのかという点こそが、その人の本質を現しているというものです。

仏教の開祖

日本における仏教のその他の宗派とその開祖

メニュー

内省記事一覧