名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

チャップリン 名言/格言

チャップリン

 

チャップリンとは(画像

イギリスコメディアン通称『喜劇王』。イギリスが生んだ「喜劇王」として知られるチャップリンは、本名をチャールズ・チャップリンといい、1889年4月16日にイギリスで生まれた映画俳優です。彼と同じ時期に活躍したハロルド・ロイドやバスター・キートンとともに「世界の三大喜劇王」としても有名です。

 

もともとは映画俳優として「シャーロックホームズ」や「ロンドン子ジムの物語」に出演するなどヨーロッパで活躍していましたが、アメリカ巡業の際にアメリカ人プロデューサーの目に留まり、活躍の場をアメリカのハリウッドへ移します。完璧主義だった彼は、俳優以外にも映画監督や脚本家、プロデューサーとしての才能も発揮し、それまで主流だった「笑うだけのコメディ」ではなく、涙や怒りの要素も含むコメディ作品を作ることができるコメディアンとして世界中にたくさんのファンを作りました。

 

そんな彼は、彼の人生観や仕事に対する考え方などが凝縮された名言を数多く残しています。例えば「私の最高傑作は次回作だ」「笑いのない日ほど無駄な日はない」など、喜劇王だからこそ出てくる名言もありますし、「下を向いているだけなら、虹を見つけることはできない」「人生に必要なものは3つだけ。希望、勇気、そしてわずかなお金」など、くじけそうになった時に聞けば勇気を与えてくれるような名言もたくさんあります。ユーモアや笑いの中にも社会風刺や市民の気持ちを痛烈に表現した作品も数多く存在するチャップリンの作品は、現在でもテレビやDVDなどで楽しむことができます。見るたびに異なる発見ができるものも多いようです。

 

 

スポンサーリンク

 

チャップリンの言葉

 

 

『次の作品。』

 

カテゴリー:知性/知恵

数々の名作を生み出した、役者でもあり監督でもあるチャップリン。絶頂期にあったチャップリンは『あなたが今まで創った作品の中で一番よかったと思っているものはなんですか?』と聞かれ、こう即答したと言う。

>>続きを見る

 

『人間には憎悪や不快を忘れさせてしまう性質がある。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

孔子は言う。『虐待されようと、強奪されようと、忘れてしまえばどうということはない。』確かにその通りで、私もたくさんそのような経験をしてきた。とんでもない目に遭った。

>>続きを見る

 

『この人生は、どんなにつらくとも生きるに値する。そのためには三つのことが必要だ。それは、勇気と、希望と、いくらかのお金だ 。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

しかし、冤罪を着せられて刑務所に投獄された、悲劇的な人間はどうだろうか。彼には『お金』など関係ない。それとは隔離された世界で生きている。しかしそこも立派な『この世』だ。彼にはこれが、当てはまるのだろうか。

>>続きを見る

 

『アイデアは、それを一心に求めてさえいれば必ず生まれる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

これに関しては、『セレンディピティ』。この記事を見るのが良いだろう。チャップリンのこの言葉の意味が、全て理解できる記事になっている。

>>続きを見る

 

『人生はアップで見ると悲劇だが、ロングショットではコメディだ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

頭を低くして嵐が通りすぎるのをお待ちなさい」。そうすれば、いたずらに感情的になったり、悩んだり苦しんだり、酒を飲んだりする必要はありません。冷静でいられるはずです。』

>>続きを見る

 

『貧乏は楽しいものだと他人に思わせるのはけしからん態度である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

名声や巨富は拘束を意味するなどと言って貧乏人を説得することは誰にもできまい。現に私は富の中になんの拘束も発見しない。それどころか、私はその中にたくさんの自由を発見するものである。

>>続きを見る

 

『わずかの人間で決めた賞なんて、そうたいした名誉ではない。私のほしいのは大衆の喝采だ。大衆が私の仕事を賞賛してくれるならば、それで十分だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

少数の識者からの評価ではなく、大衆からの喝采を得たい。喜劇王チャップリン、そこにあり、という映像がそこに思い浮かべられる。

>>続きを見る

 

『私たちが周り(の貧しい人々)とは違った人間なのだという自覚を植え付けようとした。』

 

カテゴリー:知性/知恵

しかし母は、いつも周囲の風に馴染まぬように心がけ、家族の言葉づかいにも注意深く心を配り、文法上の誤りなどは訂正し、私たちが周り(の貧しい人々)とは違った人間なのだという自覚を植え付けようとした。

>>続きを見る

 

『運命の女神たちが人間の運命を決定するとき、そこには憐憫もなければ公平感もない。』

 

カテゴリー:時間/運命

『公正』である。『公明正大』である。『平等』でもなければ、『公平』でもなければ、『憐憫』もないし、『情状酌量』もない。

>>続きを見る

 

『母の言葉を借りると、結局、客人というものはケーキと同じで、滞在期間が長くなると味は落ちるというのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

客人として丁重に扱われた。しかししばらくすると、その丁重さの質が落ちて来た気がした。『限界効用の逓減』というのは、例えば、仕事終わりのビールは美味いが、二杯目、三杯目と味が落ちていく現象のことである。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP