『ヒト』を最適化しよう。

チャップリン『人の不幸を司る神は、ときおりその遊びにも飽きて、慈悲を垂れることがある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

イメージしたいのは、『押せ押せガンガン』という様な、猪突猛進の、猛プッシュオンリーの姿勢。これを、『やめろ』というイメージである。『孫子の兵法』にある、『風林火山』だ。『押せ押せ』は、『火』である。

 

 

侵し掠めること火の如く。(攻めると決めたら火のように燃え尽きるまで)『そのオンリー』をやめろ、というイメージだ。つまり、『風林火山』を使いこなすのだ。ケースバイケースで。例えば、波乗りはどうだ。波に逆らうのか。あるいは、乗るのか。ここでもそういう選択肢を迫られ、選んでいるはずである。あるいは、ギャンブルの世界の極意には、『小さく負けて、大きく勝つ』というものがある。これは本当の事だ。私はこれを、身をもって知っている。

 

ずっと勝ち続けることは出来ない。運試しや、自分の力を過信することは命取りだ。(必ず負ける。だから…)等と、もう当たり前のように初期設定にその発想を持つ。これにより、もしドカンという大きな大当たりが出なくとも、小さく負け、それよりも少しだけ大きく勝ち、その塵を積もらせ山とする。結果的に、『大きな勝ち』として、その場を終わることが出来るのだ。

 

この考え方を忘れてはならないのだ。このイメージを焼き付けなければならない。間違っても、この波が一生続く等と思い上がってはならない。なってもいいが、必ず破滅の道を歩くだろう。同じように、『不幸も一生は続かない』のだ。このイメージを焼き付かせたい。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

同じ人物の名言一覧