名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

タモリ『私もあなたの作品の一つです。』

タモリ


日本タレント タモリ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


赤塚不二夫がタモリの才能を見極めていなければ、今のタモリは存在していない。同じように、タモリに『何やってるかわかんないけど、面白いからいい。』と言われていなければ、今のとんねるずは存在していない。

 

私はそこまで自分の人生を変えたと言える人はいないが、しかし、極めて近い人物ならいる。その存在を私は『恩師』と呼ぶことにしていて、しかも、彼らは私がそう呼んでいることを知らない。何しろ、彼らと別れ、数年経った後に、私は彼らの存在が『人生の恩師』であることを、悟ったからである。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    タモリの言葉を自分のものにする



    彼らはとても立派な人間だった。今、私の恩師と呼べる人間は彼らしかいない。そして、両親はたった二人しかいなく、師匠と呼ぶ人間がいるとしたら、『四聖』に数えられる、

     

    孔子

    孔子

    ソクラテス

    ソクラテス

    ブッダ

    ブッダ

    キリストであり、

    キリスト

    世の偉人たちである。

    偉人

     

     

     


    我々人間が、ある人間に対して『師である』と認めるときは、その存在に、『自分の要素』を塗り替えられ、再構築されたときだ。

     

    例えば、下記のペンキの色の中には、

     

     

    『赤』や『青』が存在していない。水色とオレンジはあるが、その色はない。あるいは、『黒』もないし『白』もない。しかし、その存在によって、自分の中の要素たる色に、『新たな色』が付け加えられた。

     

    自分を俯瞰で見た時、自分の要素たる色にそうした『かつてなかった色』を見た時、

    (これは、あの人が塗ってくれた色だ)と思って、感慨に浸るのである。

     

    つまり、私は彼ら恩師と別れた後、様々な人間と出会った。そして当然、様々な色をこの目で見てきたわけだが、何と、彼ら恩師の教えてくれた『色』が、その中で最も異彩を放ち、何年経ってもその輝きを失わなかったのだ。

     

     

    そしてその他の色は、すぐに『メッキ』が剥がれ落ちた。いや、メッキだったのは恩師の色も同じだった。だがこれは、その他の人物が施していたような『金メッキ』ではなく、違うメッキ。そして、そのメッキがはがれたときに現れた要素こそ、『純金』だったのである。

     

    私を構築する要素たる色の中に、未来永劫燦然たる輝きを失わない、純金の色を構築してくれた私の人生の恩師や、師匠のことを、私も、タモリが赤塚不二夫を敬い、そう言うように、敬意を忘れることは無い。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    BIG3と松本人志の実力がよくわかる記事

    黄金律

    BIG3やダウンタウンやとんねるずの実力がよくわかる記事があります。

    『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

     

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    タモリ『私もあなたの作品の一つです。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『字はしっかりしてるのに内容のない手紙ってあるよね。』

     

    『俺は反省はしない。』

     

    『日常で一番重要なことを伝えるには、低いトーンで小さな声で喋る方が伝わる。そうすると相手の注意力が増してくる。』

     

    『長寿番組の秘訣は反省しないこと。毎日の番組でいちいち反省していたら身が持たない。』

     

    『まあ、私も結構活躍してるみたいなんですけども、宇宙から見たらもうどうでもいいですね。』

     

    『真剣にやれよ!仕事じゃねえんだぞ!』

     

    『名言は好きです。でも、名言を言おうとする人は嫌いです。』

     

    『たくさん喋るんだけど、終わってみると何も心に残らない人っているよね。』

     



    ↑ PAGE TOP