名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ロシュフーコー『死と太陽は直視することは不可能である。』

ラ・ロシュフーコー


フランスモラリスト ラ・ロシュフーコー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人の死体を直視したことがあるだろうか。ばらばらの死体。あるいは、切断された子供の死体。もう、考えただけで嫌だろう。思慮を止めてしまう。つまりそれは、『直視していない』。

 

太陽を直視するとどうなるかというと、目が焼けてそのうち視力が低下し、目が見えなくなってしまう。前述したような死体や、目を覆いたくなる事実から目を逸らすということはまるで、失明しないように太陽を見ないという、自己防衛本能と同じなのである。

 

目

 

『死』を直視するとどうなるだろうか。

 

例えば私などは、小さい頃に毛虫に身体を刺され、それでぶつぶつが出来て発狂し、アカスリで持ってすぐさま風呂で身体中を洗ったが、それがいけなかった。みるみるうちに洗った場所全てにその、ぶつぶつが飛び火し、身体中にぶつぶつが蔓延してしまったのである。

 

私はそのことを思い出すと、つまり今もだが、身体中の身の毛がよだち、気が気じゃなくなってくる。これは、トラウマ(精神的外傷)なのである。それを『直視』しようとするだけで、もうこういう症状が出てしまう。

 

ということは、『死』ほど恐ろしい実態を直視するということは、どういうことなのだろうか。それは、ロシュフーコーの言う様に、『出来ない』のかもしれない。

 

永久に。

 

だってまだ我々は、『その体験』を、していない。

 

ソクラテスは言った。

『わたしは、善いことかもしれない死を、はじめから、よくわからないのに恐れて逃げることは絶対にしない。』

 

一見するとソクラテスは、とても賢明で、知者に見える。事実、死を恐れない勇者として、無知の知を説いた賢者として、これからも永久に語り継がれる、聖者の一人だ。だが、そのソクラテスですら、『死を直視』はしていなかった。

 

なぜなら彼が言う様に、

 

『~かもしれない』、『よくわからないのに』ということで、そこに実体は見えていないのである。

 

目

 

『死』。

 

それは一体、何なのだろうか。それはソクラテス曰く、『神のみぞ知る』のである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ラ・ロシュフーコー『死と太陽は直視することは不可能である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言

『嫉妬は常に恋と共に生まれる。しかし必ずしも恋と共には滅びない。』

 

『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』

 

『人は、他人と違っているのと同じくらい自分自身とも違っている時がある。』

 

『小さい事に身を入れすぎる人は、通常大きな事ができなくなる。』

 

『自分ひとりが賢いものになろうとするのは大馬鹿者である。』

 

『知はいつも情に一杯食わされる。』

 

『他人に欺かれるもっとも確実な手段は、他人よりも自分のほうが狡猾だと思うことである。』

 

『よもや他人の迷惑にはなるまいと思っているときに、他人の迷惑になっていることがよくあるものである。』

 

『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

 

『不可能なことはない。すべてに至る道がある。』

 

『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

 

『運も健康と同じように管理する必要がある。好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである。』

 

『情熱は、つねに人を説き伏せる無類の弁舌家である。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP