名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

糸川英夫『「自分にできること」よりも、 「世の中が求めていること」に挑戦しつづけたほうが、人生も楽しい。』

糸川英夫


日本工学者 糸川英夫画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


最初に『自分に出来ることよりも』とあることからわかるように、その考え方が蔓延していて、それを前提にしながら、『しかしそれよりも』ということで、『世の中が求めていることに挑戦した方が楽しいよ』と諭しているわけだ。だが、だとしても『自分にできることをしてはいけない』ということにはならない。

 

例えば、五体不満足の人はどうだろうか。寝たきりの人や、奇病に苦しむ人はどうだ。『自分にできることの範囲が限られている人』の人生は、楽しくないとでも言うのか。いや、そういうことにはならないはずである。

 

つまり、『よりも』というと、その前についている言葉を否定する様に聞こえる為、誤解するが、『自分に出来ることで、世の中が求めていること』が出来るなら、それに越したことは無いのだ。

 

ダメなのは、『自分に出来ることはこれしかないから』と言って、人を射殺したり、虐める、という人間の行動である。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

糸川英夫『「自分にできること」よりも、 「世の中が求めていること」に挑戦しつづけたほうが、人生も楽しい。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

糸川英夫関連の書籍

 

同じ人物の名言


『頭の中に古い考えが頑張っていると、新しい情報が入ってくるのを拒否するから、せっかくの新しいメッセージも届かない。』

 

『目標に向かって一段ずつ階段を上っていく上で、いちばん肝心なことは、必ず、最初の一段を上るということである。そしてまた次に一段上るということである。』

 

『人生で大切なのは、失敗の歴史である。』

 

『時代感覚をシャープにするにはどうしても頭の中から旧型商品の在庫一掃をする必要がある。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP