名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

トマス・ホッブズ『法は人間の活動を除去すべきものではなく、指導だけを行なうべきものである。それは、自然のつくった川の岸が、流れをせき止めるためのものではなく、流れに方向を与えるためのものであるのと同じである。』

トマス・ホッブズ


イングランド哲学者 トマス・ホッブズ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


そうではなく、法律が人間を支配する世界になれば、人間はまるで、ロボットの様に正確に、規則正しい一生を送ることを余儀なくされる。

 

確かにそうすれば、例えば生産を機械で行っている業者が存在していて、そこに『機械同士の対立や戦争』が起きないように、極めて平和で、安定した世界を創り上げることが出来るかもしれない。しかし、そこにいるのは人間ではなく、ロボットのように見える。

 

 

『自然に出来た川は、堰止めなんか考えない。流れを作るために勝手に出来たんだ。』

 

という発想は確かに真理を突いている。私はよく滝を見に行くことがあるが、自然が創った壮大な滝や景色を見ていると、人間の無力さをただただ思い知るわけだ。

 


(世界遺産:『紀伊山地の霊場と参詣道』那智の大滝 :2010年)

 

滝を見ていると、必ず『地球』を想像するのだ。

(地球って、本当はこうした風景だけが広がっている惑星なんだよなあ。)

 

という風に、宇宙の中にある地球という惑星を、強く認識するのだ。人間は、その地球の一つの生命体に過ぎず、いくら覇者ぶっても、偉そうにしても、そこから外に出ることすらできない、単なる内弁慶の、世間知らずなのだ。

 

従って、そんな未熟な人間が決めた『法』というものなど、その信憑性は、ほとんどないのだ。ましてや、『人間に活動を除去して、ロボットの様に正確になる』などと、地球ではもちろん、もしかしたら宇宙のどこを探しても、そんな風に自然の摂理に逆らう様な発想はしていないかもしれない。

 

あくまでも『逸れない』ように。倫理から、仁義から、大道から、人が生きるべき道から逸れないように法がある。まるで、地球に大気圏があり、その外へ出ると酸素がなくなり、死んでしまう様に、人間にもそういった『見えない大気圏』の様な『境界線、枠』があり、そこからはみ出してしまうと、人が傷つき、あるいは犯罪となってしまうように、人間は、その境界線、枠からはみ出ないように、逸れないように、法を利用するべきなのだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

30.『人間は今、『最高到達地点』にいない。

その『真理』は誰から見ての真理だ。人間なら当然完全ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『歪んだ正義があるなら、その基準となる正義がある。だが、それが本当に正義だと決めつけるのは人間本位だ。しかし、間違いなく歪んだ正義がある。』

黄金律

『真の法律、仁義、道徳、倫理、大道といったものは、まるで、地球を囲む大気圏だ。その一線を超えたら、人は、人でなくなってしまう。』

 

 

 

トマス・ホッブズ『法は人間の活動を除去すべきものではなく、指導だけを行なうべきものである。それは、自然のつくった川の岸が、流れをせき止めるためのものではなく、流れに方向を与えるためのものであるのと同じである。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

トマス・ホッブズ関連の書籍

 


『法のないところに不義はない。』

 

『あらゆる心の悦びとあらゆる満足感は、人が自己と比較して自己を高く考え得るような者を持つことに基づく。』

 

『神や神の属性について概念を持つことは、人間の能力をはるかに超えている。』

 

『人間は利己的動物であるから、自然的状態では自己保存のために相互に利益を侵害し合い、かえって利己の目的を達し得ないから、契約によって国家を形成し、主権者のもとに各自の利己を制限し、調和する。』

 

『社会をつくるまえの人間の自然状態が戦争であったこと、しかも、いわゆる戦争ではなく、すべての人に対する、すべての人の戦争であったことは、否定できない。』

 

『雄弁家たちは功名心にかられやすい。なぜならば、雄弁は彼ら自身にも、またほかの人々にも英知に見られるからである。』

 

『言葉は貧者の貨幣である。』

 

『他人の欠点を笑ってばかりいるのは、臆病の証拠である。』

 

『自然は、神が世界を支配する技術である。』

 

『国民から認められると宗教という名を与えられ、国民が否認すれば迷信という名を付けられる。』

 



↑ PAGE TOP