名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

トマス・ホッブズ『言葉は貧者の貨幣である。』

トマス・ホッブズ


イングランド哲学者 トマス・ホッブズ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


二つの意味に捉えられる。『貨幣』というぐらいだから、『お金』であり、お金というものは『価値』である。経済学で『お金』とは、

 

「価値の尺度」「価値の保存」「交換の手段」

 

という三つの機能を持っている。

 

 

だとしたら、貧しい者は『言葉という価値』を使って、様々な取引や駆け引きを行い、『貯金』を殖やすために画策する。お金がないのだ。営業でも詐欺でもお世辞でも何でもいいから、口を使って努力すれば、経済的成功をすることが出来る。

 

そしてもう一つの意味は、『愚かな人間が頼りがちな手段』という、揶揄たる皮肉という意味合いである。たった今出た『詐偽』や『おべっか』ということがすでにそうだ。軽薄な人間は、口から出まかせを言って無責任な行動に出る。そういう思慮浅い人間を『貧者』と表現していると考えれば、この言葉は揶揄たる皮肉という意味合いになるのだ。

 

オー・ヘンリーは言った。

『私は正直者ですと自分でいう者は、決して正直者ではない。私は何も知りませんという者は良く知っているし、私は何でも知っているという者はほら吹きである。何も言わない人間は賢明な人か、利己主義かのどちらかである。』

 

オー・ヘンリーがここで言うように、『何も言わない人間は賢明な人』だと考えた時、『軽薄な人間はよく喋る』ということになるわけである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

26.『簡潔、単純、シンプルが知性だ。

簡潔に出来ないならそこに知性はない。シンプル・イズ・ベストだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

トマス・ホッブズ『言葉は貧者の貨幣である。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

トマス・ホッブズ関連の書籍

 


『法のないところに不義はない。』

 

『あらゆる心の悦びとあらゆる満足感は、人が自己と比較して自己を高く考え得るような者を持つことに基づく。』

 

『神や神の属性について概念を持つことは、人間の能力をはるかに超えている。』

 

『人間は利己的動物であるから、自然的状態では自己保存のために相互に利益を侵害し合い、かえって利己の目的を達し得ないから、契約によって国家を形成し、主権者のもとに各自の利己を制限し、調和する。』

 

『いかなる犯罪の源泉も、若干の思慮分別の欠如、理性の錯誤、情熱の爆発的な力である。』

 

『平和への希望が見えるやただちに平和を求め、平和を持ち得ぬ限りは戦争のための援助を捜し求める。これが、正しい理性の命ずるところである。』

 

『小心は人々を不決断にし、その結果、行為の機会と最大の好機を失わせる。』

 

『他人の欠点を笑ってばかりいるのは、臆病の証拠である。』

 

『自然は、神が世界を支配する技術である。』

 

『国民から認められると宗教という名を与えられ、国民が否認すれば迷信という名を付けられる。』

 



↑ PAGE TOP