名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

渋沢栄一『夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。』

渋沢栄一


日本実業家 渋沢栄一画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


こんな言葉と一緒に考えたい。

『心が変われば態度が変わる。態度が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。』

 

渋沢栄一の言葉で言えば、『幸福』の端緒は『夢』である。この言葉で言えば、『運命』の端緒は『心』である。

 

では、番号を振ってみよう。

 

  • 1:夢
  • 2:理想
  • 3:信念
  • 4:計画
  • 5:実行
  • 6:成果
  • 7:幸福
  •  

    つまりこういうことだ。『1の仕組み』を理解するべきである。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


    >>続きを見る

     

    36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

    『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

     

     

    黄金律

    『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

     

     

    黄金律

    『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

     

    黄金律

    『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

     

     

     

     

    渋沢栄一『夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。』

     

    『大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。』

     

    『事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。』

     

    『親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。』

     

    『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。』

     

    『個人の富はすなわち国家の富である。』

     

    『『智』、『情』、『意』の三者が権衡を保ち、平等に発達したものが完全の常識だと考える。』

     

    『その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。』

     

    『一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。』

     

    『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』

     



    ↑ PAGE TOP