名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

パスカル『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』

パスカル


フランス哲学者 パスカル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


神が存在するということは、どうしても首をかしげざるを得ない。『存在する』という概念が、認知しているそれと噛み合わないのだ。

 

しかし、この世は神が創造したとしか思えないような事実がたくさん存在する。たとえば、もし130億年前に宇宙がビッグバンでによって始まったのなら、『その前』は一体なんだったのか、ということ。それに、この『宇宙の果て』には何があるのか、ということなどがそうだ。

 

 

アインシュタインは言った。

『宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教にも欠陥がある。』

 

かつて、『科学1:宗教9』という時代があったときは、生贄、祟り、お祓い、魔女狩り、呪い、そして様々な神々がいて、人間はその怒りに触れないように、あの手この手を尽くした。

 

今はどうだ。その割合がどんどん変わってきていて、実に冷静沈着に、『いや、あれは雷だよ』と言って説明がつくようになった。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    パスカルの言葉を自分のものにする



    割合はどんどん進化していくだろう。しかし、では、その延長線上はに、『科学10:宗教0』という時代が来るのだろうか。

     

    答えは『No』である。恐らくそれは、未来永劫できない。物理的な限界があるのだ。自分たちの時代が終わることは無い。そう考えていたのは、『恐竜』も同じだったはずだ。

     

     

    大恐竜時代を経て、大人間時代に突入して随分と時間が経った。しかし130億という数字が出ている。それに比べれば、人間の時代など、『神』の時間にして1秒もないだろう。

     

    『人間の感覚』として、数十万年が『長い』と感じるだけだ。その感覚を過信し、だからもっと続くと考えるのは、まるで死から目を逸らし、(自分だけは死なないかもしれない)と期待する、人間の現実逃避に似ている。

     

    神は『存在』するのではなく、『ある』という表現だったらどうだろうか。私はそれだったら、十分に『ある』と考えている。29年間両親からクリスチャンであることを強要されて、一時は親を宗教ごと呪って、死ねばいいと考えていた、大の『神』嫌いの私が、そう言っているのだ。

     

    神が『ある』なら、『真理』と『愛』の説明がつくようになる。この、虚無たる混沌の儚い闇の中に、確かに光り輝くその存在はとても厳かであり、そこにはある一定の法則が存在すると考えた時、『闇、虚無、混沌』という計り知れない力にも負けない、強いそのエネルギーの正体は、『神(真理・愛)』であるという見解は、この私であっても、首をかしげない。

     

    『科学』も『宗教』も『神』も、人間が作った概念に過ぎない。つまり、それらのいずれかに偏ってこの世を説明する日は来ないだろう。何しろ、その全てが混在しているのがこの世の中なのだ。

     

    ニーチェは言った。

    『論理は完全な虚構の見本である。現実の中には論理などは存在せず、現実はまったく別の複雑極まりないものである。我々は実際の出来事を思考においていわば簡略化装置で濾過するように、この虚構を図式化することによって記号化論理的プロセスとして伝達および認識可能なものとする。』

     

     

    つまり、『科学』とは『記号(人間が認識できる論理)』であって、『この世の一切』ではない。人間が出来るのは、『神』という『圧倒的な記号』を創造して、この世を認識することだけなのかもしれない。

     

    それ自体を『科学』と言い、しかそれは単なる『人間の認識の拡張作業』に過ぎないのかもしれない。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    30.『人間は今、『最高到達地点』にいない。

    その『真理』は誰から見ての真理だ。人間なら当然完全ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

     

    黄金律

    『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

    パスカル『神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自己を幸福にするために、それらを敢えて考えないように工夫した。』

     

    『人間は神と悪魔の間に浮遊する。』

     

    『人間は一本の葦にすぎない。自然のうちで最も弱いものである。だがそれは考える葦である。』

     

    『すべての人間の不幸は、部屋に一人で静かに座っていられないことに由来している。』

     

    『些細な事が我々を慰める、些細な事が我々を苦しめるように。』

     

    『徳の高さは、人が何か特別に頑張った時に判断すべきではない。日頃の行いで判断すべきである。』

     

    『人間は自分のことを一向に知らないものだから、多くの人々は、健康であるのに死んでいくように思い、また、多くの人々は、死にかけているのに健康であると思う。』

     

    『無知を恐れるな。偽りの知識こそ恐れよ。』

     

    『人間は天使でもなければ獣でもない。だが不幸なことに、人間は天使のように振る舞おうと欲しながら、まるで獣のように行動する。』

     

    『神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。』

     

    『自然はそのすべての真理を、それぞれそれ自身のうちにおいた。我々の技巧は、それらの一方を他方のうちに閉じこめようとする。だが、それは自然的ではない。』

     

    『誤った法律を改正する法律くらい誤ったものはない。法律は正義であるがゆえに従うといって服従している者は、自分の想像する正義に服従しているのであって、法律の本質に服従しているのではない。』

     



    ↑ PAGE TOP