名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

エマーソン『世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である。』

エマーソン


アメリカ哲学者 エマーソン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『赤信号、みんなで渡れば怖くない。』

 

と思うだろう。

 

『世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。』

 

からだ。

 

 

だが、赤信号は『とまれ』だ。

 

また、

 

『赤信号、ひとりで渡れば孤高の人』

 

と言って一人で渡るのは簡単だ。別に誰も止めない。そもそもその人の名前も知らない。赤の他人がやることをいちいち人は、注意しない。

 

『自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい』

 

のだ。

 

 

では、もし100人が一斉に赤信号で渡ったとしたら渡らなかった人が『孤独』になるのだろうか。一見するとそういう風にしか見えない。その100人もその一人を、そういう風に見ることだろう。

 

だがとんでもない。

 

ダンプカーに轢かれた100人のうちの数人が病院のベッドの中で思い出すのは、一人、渡らなかった『孤高』の人間の生き様である。

 

『群集の真っ只中にありながらも自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間』 は、確かに周りから見れば『異常』である。なぜなら、普通、大人数側が『正常』で、少人数側が『異常』になるからだ。

 

だからこのケースも、渡った直後は『異常』だと思われていた一人の人間が、事故後に、『あの人だけが正しかった』として、悟りの境地にでもいる殿上人かの様に扱われる。

 

広告の神と言われた、クロード・ホプキンズは言う。

『自分の目標を達成した人、ほんとうに幸福な人、あるいは満ち足りている人にはめったに出会えるものではない。それでも私たちは、自分の一生に関わる問題を、大多数の考えに委ねるべきだろうか。』

 

彼が殿上人なのではなく、その100人が未熟だっただけだ。多数決や常識といった、不確かで何の確証もないものに屈し、たったそれだけのことを見誤ってはならない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

エマーソン『世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。 だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『お互いに許すことができない唯一の罪は、意見の相違である。』

 

『英雄は普通の人よりも勇気があるのではない。5分間ほど他人より勇気が長続きするだけの話だ。』

 

『我々は、春と夏には改革者だが、秋と冬には保守の側に立つ。朝は改革者であり、夜になると保守主義になる。』

 

『すべての革命は、一人の人間の心に思い付かれた、ひとつの思想に他ならない。』

 

『人間は、疑念を持つ。疑念を持つことは科学を芽生えさせる。』

 

『恐怖は常に、無知から生まれる。知識は恐怖の解毒剤である。』

 

『教育の秘訣は、生徒を尊敬することにある。小中学校や大学で教える事柄は、教育ではなく教育の手段である。』

 

『芸術家は、自分の芸術の犠牲にならなければならない。ミツバチが針の一刺しに自分の生命をかけるように。芸術家もそうでなければならない。』

 

『幸福とは、自分の時間を充実させることである。』

 

『人間は皆、発見の航海の途上にある探求者である。』

 

『靴屋は靴のほかに何も作れない。しかし、素晴らしい靴を作ることができる。』

 

『種を蒔けば刈り取らねばならない。人を殴れば苦しまねばならない。人に善をなせば、あなたも善を受け取るだろう。』

 

『その日その日が、一年の中で最善の日である。』

 

『浅薄な人々は、幸運と境遇を信じ、深慮ある人々は、原因と結果を信ずる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP