名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

勝海舟『坂本もなかなか鑑識のあるやつだよ。』

勝海舟


日本政治家 勝海舟画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


坂本龍馬が、かつて俺に「先生はしばしば西郷の人物を賞せられるから、拙者も行って会ってくるにより添書(紹介状)をくれ」と言ったからさっそく書いてやったが、 その後、坂本が薩摩から帰ってきて言うには

 

「なるほど西郷というやつは、わからぬやつだ。少しく叩けば少しく響き、大きく叩けば大きく響く。もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口なら大きな利口だろう」

 

と言ったが、坂本もなかなか鑑識のあるやつだよ。

 

 

まず考えたいのは、『トランプ』だ。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    勝海舟の言葉を自分のものにする



    あれのカードゲームとして例えば、『数が大きいのを出したほうが勝ち』とう単純なゲームをしたとする。

     

    Aが最高で、2が最低だ。もちろん同時に出す。

     

    だがそうしたとき、もし、相手が『2』を出してきたなら、こちらとしてはどんな数字を出すことが最も好ましい勝利の仕方だと思うだろうか。

     

    『A』か。『K』か。あるいは、何でもありの『JOKER』か。そういう、圧倒的な勝利か。

     

    いや、違う。『3』だ。

     

     

    では、ここまで考えた時、西郷隆盛に対して言った坂本龍馬のこの言葉、あるいは、映画『13人の刺客』で登場するこの言葉は、どう響いてくるだろうか。

     

    「この島田新左衛門という男切れるというわけではない。恐ろしく強いというわけでもない。

     

    だが負けぬ。

     

    無理に勝ちに行かず、押し込まれてもなかなか動かず、最後には少しの差で勝つ。そういう男だ。」

     


     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

    15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

    確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    勝海舟『坂本もなかなか鑑識のあるやつだよ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言



    『大事業をし遂げるくらいの人は、かえって世間から悪く言われるものさ。おれなども、一時は大悪人とか大奸物とかいわれたっけ。』

     

    『何でも大胆にかからねばならぬ。難しかろうが、易しかろうが、そんな事は考えずにいわゆる無我の境に入って断行するに限る。』

     

    『世の中に無神経ほど強いものはない。』

     

    『大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。』

     

    『世の中は平穏無事ばかりではいけない。少しは不平とか不満とか、騒ぐもののあるほうがよい。』

     

    『急いでも仕方がない。寝ころんで待つのが第一だと思っています。』

     

    『おこないはおれのもの、批判は他人のもの、おれの知ったことじゃない。』

     

    『生死を度外視する決心が固まれば、目前の勢いをとらえることができる。難局に必要なことはこの決心だけだ。』

     

    『学者になる学問は容易なるも、無学になる学問は困難なり。』

     

    『人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。』

     



    ↑ PAGE TOP