名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

親鸞『賢者は内面は賢いが、外見は愚かに見える。愚者は内面は愚かだが、外見は賢く見える。』

親鸞


日本僧侶 親鸞画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


イチローは、

『ランチのメニューを変えないのは…アインシュタインや古畑任三郎の服と同じ理屈だね。』

 

と言って、『時間の無駄』と『効率』について話した。アインシュタインや古畑任三郎も、どんな洋服を着るか考える時間がもったいないということで、外見にはいつも無頓着だったと言う。

 

 

マキャベリは言った。

『人間は、内容よりも外見で判断しがちなものである。だれでも眼は持っているが、洞察の才を持っている者は稀である。』

 

説得者要因』とは、説得力のある要素のことで、例えばスーツにネクタイ、整った髪型と体型、理路整然とした会話、正しい礼儀、言葉遣いこれが整っていれば、人は往々にしてその人物を信用してしまう。

 

その相手が『詐欺師』でも、である。

 

要は、マキャベリの言うように、詐欺師は外見に力をかけ、そしてアインシュタイン等の本当の実力者は、人の気を引くことが目的である外見を着飾ることに、価値を感じなかった。

 

シェイクスピアは言った。

『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』

 

外見には、要注意だ。

 

いや、注意する必要がない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

親鸞『賢者は内面は賢いが、外見は愚かに見える。愚者は内面は愚かだが、外見は賢く見える。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『いまから町へ出ていって、通りがかりの者でも、地下鉄の乗客でも誰でもよい。手当たり次第に千人殺してきなさい。』

 

『薬があるからといって、毒を好んで飲むべきではない。』

 

『一人いて悲しい時は二人いると思え。二人いて悲しい時は三人いると思え。その一人は親鸞なり。』

 

『人の命は日々に今日や限りと思い、時時に只、今や終わりと思うべし。』

 

『自分の意思で心臓を止められないから仏はいる。』

 



↑ PAGE TOP