名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >  >

 

キング牧師『最後には、我々は敵の言葉など思い出すことはない。思い出すのは友人の沈黙である。』

キング牧師


アメリカの牧師 キング牧師画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


人生の黄昏時を迎えるとき、振り返って思い出すのは、いや、『思い出したい』のは、きっと『美しさ』である。実際、脳科学者の茂木健一郎曰く、

『人間の脳が最後の最後まで活動する機能は、何かを見て(綺麗だ)と思うことだ』

 

と言う。

 

 

花火やネオンの光、花や動物の命の輝き、空や星の圧倒的な雄大さ、そして、同じ同士だった人間達、しかもやっぱりその中でも、自分の心と強く共鳴した人間の心は、自分の人生の中で、最も印象深いものとなって心底に根付いていて、死の淵にあっては、それは一層美化されることだろう。

 

アメリカの詩人、ディキンソンは言った。

『私が死んだとき、一匹の蝿がうなるのを聞いた。部屋の中の静寂は、嵐の高まりの間の大気の静寂のようだった。』

 

ここまで耳が研ぎ澄まされる死の淵で、我々は一体何を思い出せるだろうか。

 

『走馬灯』。

 

それは人間が最後に観ることのできる、映画である。この映画は誰にでも観る権利があるが、しかし『最高の映画』が観れるかどうかは、本人がこのたった一度の人生をどう生きたかによって、決まるだろう。

 

たった一度のこの人生。何に重きを置き、何に時間を割り当て、何にエネルギーを注いでいくべきか。自問したい。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

22.『本当の友人とは。

真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

キング牧師『最後には、我々は敵の言葉など思い出すことはない。思い出すのは友人の沈黙である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『真の平和とは、単に緊張がないだけではなく、そこに正義が存在することである。』

 

『疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべてが見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。』

 

『私たちは、限りある失望を受け入れなければならない。しかし無限なる希望を失ってはならない。』

 

『ほとんどいつも、創造的でひたむきな少数派が世界をより良いものにしてきた。』

 

『あなたが正しいとき、過激になりすぎてはいけない。あなたが間違っているとき、保守的になりすぎてはいけない。』

 

『人は「発言する」ことにのみならず、「発言しない」ということにも責任を持たなければならない。』

 

『愛だけが、敵を友人に変えられる唯一の力だ。』

 

『人間はだれでも、創造的な利他主義という光の道を歩むのか、それとも破壊的な利己主義という闇の道を歩むのか決断しなければならない。』

 

『人は、個人的な狭い関心事を越え、人類全体に関わる広い関心事に向かうようになって初めて本当の人生を歩み始めるのである。』

 

『そのために死ねる何かを見つけていない人間は、生きるのにふさわしくない。』

 

『闇は、闇で追い払うことはできない。光だけがそれを可能にする。憎しみは憎しみで追い払うことはできない。愛だけがそれを可能にする。』

 

『悪を仕方ないと受け入れる人は、悪の一部となる。悪に抵抗しない人は、実は悪に協力しているのだ。』

 

『暴力は憎しみを増すだけである。憎しみはそのまま残る。暴力に対して暴力を持って報いれば、暴力は増加するだけである。』

 



↑ PAGE TOP