『ヒト』を最適化しよう。

キング牧師『地獄の一番熱い場所は、重大な倫理上の争いの中にあって中立の立場をとり続ける人間のために用意されている。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『ホーム』に甘んじ、『アウェイ』に身を置くことが出来ない人間は、大勢いる。というか、ほとんどがそういう人間である。ほとんどが、自分の身の安全を確保しようと躍起になり、自分にとっての『安住の地』にしがみつく。だがそこで、対立が生まれる。

 

衝突、軋轢、確執、暴動、戦争、

 

しかしそれがわかっていながらも、自分にとっての安住の地にしがみつく様はまるで、『依存症』である。その『しがみつき』が、混沌の要因となっているというのに、それを隠蔽し、自分の人生と思想を棚に上げ、相手の思想を棚から降ろして、揶揄して見下す。その姿は依存症そのものである。自分本位そのものである。

 

では、その対立するエネルギーの間に入る人間は、どういう代償を払うことになるだろうか。エゴとエゴがぶつかり合い、我こそはと、自分の意見を正当化する人間と人間の間に生まれる渦。そこはまるで、地獄の業火が燃え上がる場所であり、なおかつそれを手当てしてくれる者がいないのだ。皆、どっちかに偏っていて、間に手を差し伸べない。安住の地から静観し、自分の身の保身を考えた人間の目は、腐っている。

 

 

私もかつて、クリスチャンになることを親から強要され続けた。では問題だ。人間は、クリスチャンになることを義務付けられているのだろうか。この問題の答えは、一つではない。この日本では特に、きっと答えを曖昧にすることを選択する人が多いだろう。しかし私は、そのどちらかを選択しなければならなかった。わかっていたのは、

 

クリスチャンにならなければ、この家の子供ではない

 

という空気が完全に蔓延していたこと。それはつまり、親との絆が崩れ落ちることを意味していたしかし、私の心はクリスチャンになることを求めていなかった。(信仰とは、そもそも人の心に救いの手を差し出す存在ではないのか。)強要される信仰、断固として揺るがない親、知らん顔をしている他人、その他の事情、宗教を抱えた人間の存在、10代の私の頭はショートし、私は、思考放棄をするという選択肢を選んだ。

 

否定もしない。だが、信仰もしない。私が今の中立的な立場に至るまでに通った道のりは、波乱を極めたものだった。つまり私の意見が本当なら、今私は、『波乱の道を歩いた人間だからこそ選択出来た道』を歩いているのだ。以前の私では、到底歩けなかった道を歩いているという事になるのである。

 

かつて、そんな親が(死ねばすべてが終わる)と思った時期があった。だがそれは、偏っていたのだ。ダイバーシティ(多様性)を認められずに、自分とは異質なものの存在を拒み、相手の消滅を願うことは、偏っている。それは人として在るべき姿ではない。人は、どちらかに(安住の地に)偏った方が、『楽』である。だがその『楽な道』が、『楽しい道』に繋がっているかどうかは、わからない。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『人間が『幸せだ』と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。』

同じ人物の名言一覧

キング牧師の名言・格言一覧