名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ナポレオン『戦の勝利は最後の5分間にある。』

ナポレオン


フランス皇帝 ナポレオン画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


勝負は、最後の最後までわからない。それは、全ての勝負事の世界に身を置いた人々の、良く知るところである。

 

バスケットボールにおける『ブザービート』とは、試合終了のブザーが鳴ると同時に放たれたボールが、相手のゴールの網に見事に的中することを言う。時に、それで大逆転することだってあるのだ。

 

 

そういうことが、勝負事には常としてあり得る。

 

武田信玄は言った。

『もう一押しこそ慎重になれ。』

 

『勝って兜の緒を締めよ』という言葉があるが、あと一歩というところで油断と隙が生まれ、全てが台無しになってしまっては敵わない。どちらにせよ、最後の最後まで気を緩めることがあってはならないのだ。

 

 

関連リンク:勝って奢らず、負けて腐らず。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ナポレオン『戦の勝利は最後の5分間にある。』


スポンサーリンク

 

 

 

同じ人物の名言


『華々しい勝利から没落への距離は、ただ一歩にすぎない』

 

『状況?何が状況だ。俺が状況をつくるのだ。』

 

『お前がいつか出遭う災いは、お前ががおろそかにしたある時間の報いだ。』

 

『私は何か問題を考えたい時、心の引出しを一つ開ける。問題が解決するとその引出しを閉め、また次には別のを開ける。眠りたい時には全部の引出しを閉める。』

 

『私は重大な状況において、ほんのちょっとしたことが、最も大きな出来事をつねに決定するのを見た。』

 

『一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れは、一頭の狼に率いられた羊の群れに敗れる。』

 

『兵法に複雑な策略などはいらない。最も単純なものが最良なのだ。偉大な将軍達が間違いを犯してしまうのは、難しい戦略を立て、賢く振る舞おうとするからだ。』

 

『我輩の辞書に不可能という文字はない。』

 

『人間を動かす二つのてこは、恐怖と利益である。』

 

『敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。』

 

『人間は、その想像力によって支配される。』

 

『約束を守る最上の方法は、決して約束しないことだ。』

 

『死ぬことは何でもない。しかし征服されて、名誉を失ったまま生き長らえるのは、毎日死ぬようなものだ。』

 




↑ PAGE TOP