名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

吉田松陰『聖人・賢人の言行や教えを記した書を読む際に一番大切なことは、その内容に媚びへつらわないことである。』

吉田松陰


日本思想家 吉田松陰画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


心底から共鳴するのと、媚びへつらうのでは違う。

 

何が違うかというと、『合致』したか、『同調』したかという違いだ。『手を握った』か、『取り込まれた』かという違いだ。『理解』したか、『洗脳』されたかという違いだ。

 

そこにあるのは『意志』の有無。

 

自分の意志と合致し、それを強化する為にそれらの言葉と手を握り、堅固にする。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    吉田松陰の言葉を自分のものにする



    それには当然、その言葉の意味を、その言葉を言った心の様相を、理解していなければならない。

     

    『コーティング』だ。

     

    今までの赤に、更に強い赤を塗ってコーティングする。

     

     

    そこに、『違う色』を塗られることは、『同調』であり、コーティングではないのだ。元々その要素(赤)があったのなら、問題ないのだ。そこを更に強化してコーティングできる。

     

    だが、無いし、しかも別の色(例えば青)しかないのに、

     

     

    そこに、さも赤があったかのように振る舞って上塗りするのは、同調である。

     

    追従だ。

     

    例えば、せっかく、(人を殺すのはいけないことだ)という良い色を持っていたのに、カリスマ的な偉人の言葉に心を突き動かされ、(やっぱり人は殺したほうがいいよな)と、同調してしまうことは、愚かだ。

     

    いかに聖人君子と言えども、その時代特有の異質な情勢は、結局『異質』なのだ。それが『その言葉に出会った時代』と合致しない場合もある。

     

    (やむを得ず剣を刺した)人と、(剣を人に刺したくて仕方ない)人とでは、そこにいる人間像に、甚大な差が開く。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    吉田松陰『聖人・賢人の言行や教えを記した書を読む際に一番大切なことは、その内容に媚びへつらわないことである。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』

     

    『多くの努力を注ぎ込んだことは、すぐにその功績を手中にすることはないかもしれない。しかし、全精力を集中して学んだものは生涯忘れないであろう。』

     

    『宿命は、人の力や智恵が及ぶものではない。だから、この原因を天に任せ、天命というのである。』

     

    『憂えたり、楽しんだり、気分の変化の原因は自分にあるのであって、物にあるのではない。』

     

    『豪傑とは万事自ら創してあえて人の轍跡を踏まぬことなり。』

     

    『才能を伸ばし、人としての徳を身につけることは、辛く、苦しいことだ。』

     

    『書を読む人は天下に満つれども、道を求むる者は絶えてなくして僅かにあり。』

     

    『立派な殿様、賢明な将軍であるか、あるいは、馬鹿な殿様、愚かな将軍であるか否かは、日ごろの生活において決まることである。』

     

    『およそ学をなすの要は己がためにするにあり。己がためにするは君子の学なり。人のためにするは小人の学なり。』

     

    『人の心というものは、苦しめば奮い立ち、思うようになれば、怠けてだらけてしまうものである。』

     

    『身体が死滅しても、その精神が死んでいないものは、昔の聖人や賢者らであり、これらは永遠に朽ちることのない人である。』

     

    『勉強しない人の気持ちには3つある。』

     

    『読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか。』

     

    『志をもっている人間は、何かを目にしたら、必ず心中に感じるものがある。』

     

    『仁人は天下に敵なし。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP