名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

吉田松陰『多くの努力を注ぎ込んだことは、すぐにその功績を手中にすることはないかもしれない。しかし、全精力を集中して学んだものは生涯忘れないであろう。』

吉田松陰


日本思想家 吉田松陰画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


努力したこと、労力をかけたこと、負担をしたことにおける結果を、焦ってはならない。

 

自動車の育ての親、ヘンリー・フォードは言う。

『努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。』

 

経済学の父、ドラッカーは言う。

『成長には準備が必要である。いつ機会が訪れるかは予測できない。準備しておかなければならない。準備ができていなければ、機会は去り、 他所へ行く。』

 

努力を注ぎ込んだことは、『投資』だったはずである。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    吉田松陰の言葉を自分のものにする



    投資は、必ず見返りがある。ないならそれは単なる『浪費』だ。

     

    重さの軽いレンガを置いて、また戻し、また置く。こんなルーチンな作業も『努力、労力、負担』である。だが、それをしたところで、何か得られるものがあるだろうか。積み上げて何か建築物を作るわけでもない。重さが軽いのであれば、筋力トレーニングにもならない。

     

     

    ただただ時間が無駄に流れる、これは『浪費』である。

     

    しかし、『多くの努力を注ぎ込んだ』ということならば、さすがにこういう無駄な努力をしたわけではないはずだ。

     

    だとしたらすでに得ている。

     

    自分がそれほどまでにのめり込める人生の目的を見つけ、それに没頭できたのだ。

     

    人は死ぬ。金が入ったのだとしても、それは天国に持っていくことは出来ない。だとしたら人間が死の床に着いたとき、思い返して誇りに思うのは、

     

    積み重ねた努力、立ち向かった恐怖、貫いた信念、

     

    なのである

     


     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    27.『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。

    基礎・準備期間を怠るキリギリスは、アリよりも明るい将来を望むな。


    >>続きを見る

     

    36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

    『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


    >>続きを見る

     

    37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

    金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


    >>続きを見る

     

    38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

    一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

     

     

    黄金律

    『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

     

    黄金律

    『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

     

    黄金律

    『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

     

     

    黄金律

    『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

     

     

     

    吉田松陰『多くの努力を注ぎ込んだことは、すぐにその功績を手中にすることはないかもしれない。しかし、全精力を集中して学んだものは生涯忘れないであろう。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『自分の生死を度外視してでも、言うべきことをただ言うのみ。』

     

    『豪傑とは万事自ら創してあえて人の轍跡を踏まぬことなり。』

     

    『才能を伸ばし、人としての徳を身につけることは、辛く、苦しいことだ。』

     

    『書を読む人は天下に満つれども、道を求むる者は絶えてなくして僅かにあり。』

     

    『立派な殿様、賢明な将軍であるか、あるいは、馬鹿な殿様、愚かな将軍であるか否かは、日ごろの生活において決まることである。』

     

    『およそ学をなすの要は己がためにするにあり。己がためにするは君子の学なり。人のためにするは小人の学なり。』

     

    『人の心というものは、苦しめば奮い立ち、思うようになれば、怠けてだらけてしまうものである。』

     

    『身体が死滅しても、その精神が死んでいないものは、昔の聖人や賢者らであり、これらは永遠に朽ちることのない人である。』

     

    『勉強しない人の気持ちには3つある。』

     

    『読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか。』

     

    『志をもっている人間は、何かを目にしたら、必ず心中に感じるものがある。』

     

    『仁人は天下に敵なし。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP