名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

織田信長『器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。』

織田信長


日本武将 織田信長画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


エッセイストE・M・グレイは言う。

『成功した人々は、失敗した人々がやりたがらないことをやる。』

 

あるいは、セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長兼CEOの、鈴木敏文はこう言っている。

『人間は自分が思いつかないことには反対します。一方、私は人が思いつかないことには、それだけ価値があると考える。実行すれば、差別化が生まれ、結果として成功に至ります。』

 

『器用な人』というのは、『不器用ではない人』ということだが、『不器用な人』とは、通常の任務すらスムーズにこなすことが出来ない人である。

 

常識的に蔓延している一切の事象に向かったとき、それら一切を、つまづきながら行う。そういう人が、不器用な人である。

 

『器用な人』というのは、それらをまず、『こなす』。軽くこなして、更に違う概念に目を向ける。広がっている常識を、『非常識』だと疑うところから始め、根本を覆し、下剋上をすることに一切の抵抗が無い。

 

『枠』に収まろう、収まろうという人が不器用。『枠』など無い。既成概念など疑え、というのが器用。下記の図がわかりやすい。

 

天才

画像

 

いや、不器用な人間を否定しているのではない。助言をしているのであり、警鐘を鳴らしているのだ。

 

しかしガラッと場面を変えて考えた時、『不器用な男(枠からはみ出ないように、しっかり守りたい)』と思っている人は、浮気や不倫を恐れる女性にとって、とても好ましく見える。

 

『私は不器用なあなたが好き。』

 

という愛の言葉が飛び交うのであれば、尚の事綺麗だ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

織田信長『器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。』

 

『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。』

 

『攻撃目標一点に行動を集約せよ。むだな事はするな。』

 

『人間の50年の生涯は儚いものだ。死なない者は存在しない。』

 

『その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。』

 

『理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。』

 

『いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要である。』

 

『組織に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ。』

 

『絶対は絶対にない。』

 

『戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ。』

 



↑ PAGE TOP